注目の記事 PICK UP!

神ゲー見逃してました!! 洋ゲーファンこそイースⅧをやるべし!!【イース8日記①】

 

こんにちは。

まつおさんです。

イース8、すごい評判良かったんですよね。

それは知ってたんです。

でも、まぁ、イース買う人のほとんどは、元々のイースシリーズファンじゃないですか。

イースといえばアクションRPGブームの火付け役になった、30年も続く老舗シリーズですから。安心のクオリティ。

つまり、「まぁ、いつものイースなんでしょ」なんて思っちゃってたわけです。ええ。

 

 

まさか無人島探索ゲームだったとはwwwwwwwwwwwww

 

これは本当に面白い。

カジュアルな操作感なのに、骨太なゲームバランスやり込みも豊富。

そしてロードが爆速アホみたいに快適。

「最近JRPGやるのががかったるくなってきたなぁ」っていう人にもピッタリハマる。

むしろ洋ゲーファンこそ、本作をより楽しめるんではないでしょうか。

無人島探査っていうだけでむちゃくちゃ面白い!!

 


↑相変わらずのイケメン赤毛
アドル君。

 

 

ドラクエもFFも作品ごとに主人公が変わる中、イースは30年間、頑なに冒険家「アドル・クリスティン」が主人公であり続けています。

 

 

ここまで一貫しているのは珍しいんじゃないでしょうか。

 

30年間ずっと、同じ主人公なんですよ?

 

 

 

 

 

もうほとんど、こういうことですよwwwwww

 

 

で、ストーリーの導入部分は、近年のJRPGで稀に見るほどに超シンプル。

 

 

船に乗ってたら

 

 

バケモンが出てきて船が沈んで

 

無人島に漂着して

 

 

そうそう、お色気があって、、

 

えっ、お色気!?

 

 

ツンデレ気味(そこまでツンでもなく、わりと素直)なお嬢様と合流して、

 

 

 

他の漂流者を合流して、拠点を作り、

 

 

 

バケモンが出てきたりしながら

 

 

他の漂着者と合流していき、

 

 

島の各地を探索しつつ、

 

 

拠点をどんどん発展させていき、

 

 

 

島の地図を作りつつ

 

 

襲撃する獣たちから拠点を防衛し、

 

 

みたいな!!!

 

もう、この設定だけでクソおもろいって思いません?

 

これが、ロード時間爆速で、「イースサウンド」とも言うべき、久石譲さんのお弟子さんだった古代祐三氏(イース2までの作曲)の系譜を受け継ぐかのようなノリノリの疾走感と神秘的な情緒あふれるBGMで、大自然に囲まれた美しい大自然を軽快爽快なアクションで駆け回ることができる。そしてアホほどやり込める。

こんなん、おもろいに決まってるやんw

 

 

ストーリーのために仲間キャラクターが強制退場させられたり、最悪死んだりするのがJRPG。

 

ドラゴンクエスト7のキーファ王子。通称種泥棒

FF7のエアリス。正直、このクソ計算高い女にクラウドが太刀打ちできるとは到底思えない。個人的にはこいつの幻影を追い続けるクラウドを健気に介護するティファが不憫でなりません(つд⊂)エーン

そのぐらい、JRPGというのは「ストーリー>システム」なところがありますよね。

 

でも、本作は違います。

どう考えても無人島探査モノがやりたかっただけやんwwwwwwwwwwwwwwwwwww

だが、そこがいい!!!

 

ゲームもストーリーもスッキリしていて気持ちいい!!

 

このスッキリ感は、ゲーム内容は全然違うけど、「ディアブロ」に近いかもしれない。

 

頭空っぽで楽しめるRPG

 

釣りだけでも

 

 

頭からっぽで

 

フィッシング楽しい

 

 

ああ、もう何も考えんで楽しめるわー

 

 

図鑑埋まっていくの楽しいわー

 

 

 

善と悪がどうだとか

光と闇がどうだとか

 

そういうこと一切考えずに

 

 

とりあえず新しいところ来たら釣り糸たらしちゃったりなんかして

 

 

新しい魚釣るたびにドヤ顔で写真撮っちゃったりなんかして

 

すげぇアタリだと思ったら

 

ヌシを釣っちゃったりなんかして

 

 

変なとこに釣り糸たらしてみたら、とんでもなく強いモンスターを釣り揚げちゃって一発死させられて全滅の危機で慌てて逃げちゃったりなんかして

 

みんなで釣っちゃったりなんかして

 

 

本当に頭からっぽで無人島探査を楽しめる!!!!

 

 

ストーリー重視ではないが、けっして軽視ではないのだ!!

 

にもかかわらず、ストーリーはとてもしっかりしていて、それぞれの人物の描写もしっかりしている。

キャラクターは言ってしまえば、どれもよくあるような、典型的なステレオタイプなのだけれど、

そのステレオタイプを丁寧にやってるから、全然嫌じゃない。鼻につかない。魅力的に感じる。

この辺はさすが日本ファルコムさんって感じですねー。

 

野宿してる感、ちゃんと出てるんですよねー。

 

屁ばっかこいてるきったねぇ漁師のオッサンの背中が、こう、火を囲んで顔を付き合わせた夜には、妙にデカく見えたりするわけですよw

 

漂着者と合流できれば、拠点は大きくなり、武器の錬成や防具の作成などができるようになったり、どんどんできることが増えていく。

 

獣の大群を撃退する迎撃戦。これでSランクを目指すのがまた妙に楽しいww

チュートリアルは超親切。

MAP移動も快適で、ファーストトラベルまでできる。

 

それぞれのキャラクターには好感度が設定されていたり、アドルも名声値があったりする!!!

システム自体は前作とあまり変わらないのに、無人島を主軸において拠点を発展させるという要素を持ってくると、ここまでワクワクする作品になるのかwwww

 

というわけで、これまでうかつにも完全にノーチェックだったイースⅧ。

今のところめっちゃくちゃ面白いのでオススメです!!!

この年末年始に、余計なことな~んも考えんとRPGやりたい!って人にはマジでオススメ!!!

 

というわけで、また!!

 

関連記事

  1. 松研読者さんが続々集結!!「第一回松研カーミーティング」開催!!【Need for Speed Pa…

  2. シャドウ・オブ・ウォー名将伝「我が宿敵(とも)、グブ」【シャドウ・オブ・ウォー日記⑥】

  3. 【ネタバレ有】Hidden Agenda -死刑執行まで48時間ー 初見プレイ日記 その4

  4. FPS初心者がレインボーシックスシージを三ヶ月カジュアルを欠かさず続けるとどうなるか【レインボーシッ…

  5. 新年おめでとうございます!!!

  6. 難易度低め? でもめちゃくちゃ気持ちいいー!!!「SpeedCross」ニード・フォー・スピード ペ…

  7. あいつ登場【シャドウ・オブ・ウォー日記 最終回】

  8. ギース様が鉄拳にきたああああ!!! 初心者こそ鉄拳7を始めるべき!!

  9. 【神コラボ】ゴーストリコンに、あのレインボー部隊が参戦?!【ゴーストリコンワイルドランズ日記 特別編…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. The Last of Us Part II(ラストオブアス2)は最高傑作だと僕…
  2. おそらく世界中の人が過小評価しているFF7Rという神ゲーについて(FF7REMA…
  3. 【侍道外伝 KATANAKAMI】Diabloとシレン足した侍ゲーってそんなもん…
  4. 【Switch最強アイテム】純正ドックの10分の1サイズで同等性能!! GENK…
  5. 【謹賀新年】FPS初心者は今すぐCoDMWをやろう、今すぐ!!NOW!!【実は神…
PAGE TOP