注目の記事 PICK UP!

アサシンクリード オリジンズ 序盤レビュー【アサシンクリード オリジンズ日記①】

いやー、出ましたね。
出ちゃいましたね。

アサシンクリード オリジンズ!!

マリオも超やりたいんだけど、僕はとりあえずエジプトなんじゃないかと。ええ。

とりあえず今のところ、めちゃくちゃ面白い

いや、ヤバイっス。
今のところめっちゃくちゃ面白いです。
っていうか、時代考証とか色々が徹底されているおかげで、古代エジプトを歩いているだけで飽きません。

なんとナイル川やら湖やら、泳ぐだけでなくて、潜れます。ヤバい。広大すぎる。

これ、ただ移動しているだけでこのグラフィックですw

村人たちから慕われる主人公。彼らを守ったらなアカン。

ゲームシステム、今のところすごく良いバランスです。ステルスと戦闘のバランスがとても良くて、緩急がある。

操作性は、これまでのアサクリと比べるとちょっとクセがありますね。
でも、これはこれでアリというか、個人的には挙動が変わる方が新鮮なのでありがたいです。

エジプトならではの「アレ」も満載

サブクエスト、素晴らしいです。

一つ一つが丁寧に作られているし、面白い。
毎回新鮮な驚きがあります。

もうサブクエストは1万個ぐらい欲しいですねwwwww

武器は、個人的には槍が使いやすい。

武器は思った以上に種類があります。
弓も、長弓だけでなく、チャージはできないけど連射ができる弓があったり(これが超べんり!!

一通り使ってみた結果、個人的には槍がオススメです。リーチもあるし、薙ぎ払い系も使いやすい。盾との相性もいい。
まだ序盤なんですが、とりあえず今のところ、アサシンクリード オリジンズ槍最強説を唱えたいと思います。

盾なんですが、あれです、お約束のパリィできます。僕はダクソシリーズはブラボやソルトアンドサンクチュアリまで含めて全てトロフィーコンプリートしているぐらいのダクソ勢なので、もちろん最短でスキル取りましたw

で、このパリィのタイミング、ダクソの100万倍ラクですwww
致命の一撃はさすがにありませんが、のけぞり中は必ずクリティカルになるんでなかなか爽快。

①敵に見つかったらまず連射弓で口封じを狙う。
②間合いにはいったら槍で攻撃しつつ、距離を保つ。
③敵が攻撃したらパリィではじいて、槍の強攻撃でとどめを刺す。

みたいなスタイルでやっています。

敵は序盤からなかなかの手応えなのと、このゲームの欠点として1VS1に重きを置いているためか、多人数になるとロックオンシステムがほぼ使い物にならないので、囲まれた時に裁くのがなかなか大変だったりしますが、個人的にはこのぐらいの方がいいんじゃないかなーと思いますよ。

「ステルスゲーは、囲まれたら即死するぐらいがちょうどいい」(まつお語録第13章22節)

馬が超有能

今回の馬、最高。

あ、最初はラクダだと思います。
僕はなんかデラックスパックの特典で馬もらいました。

まぁ、どっちでも同じだと思うんですけど、今回はヤバいです。

まず、×長押しで道なりに走ってくれる。

なんだよ、ウィッチャー3でもあるじゃん。
いやいや、聞いてくれ。

解除するまでずっと自動で走ってくれる。

おお。で、それだけ?
いやいや、聞いてくれ。

さらに△を押すと、マーキングした場所に自動で向かってくれる!!!(ヤバー!!)
これがどれだけ最高なことか、オープンワールドのAAAタイトルをやったことのある人ならわかるはずだ!!www

 

しかもですよ?
このゲームのグラフィック、本当にヤバいんですよ。

タイムマシン持ってないし写真もないから、古代エジプトがどんな感じか見たことないけど、絶対こんな感じですよ!w

でもね、移動だなんだを自分で操作してたらさ、そんなん見てる余裕ないでしょ!?

だから、このゲームは今のところ最高なんですよ。
そういうところをちゃんと考えられて作ってある。

 

自分たちのゲームに「観光」する価値と、それだけの受け皿があるという自負がある。

いや、これは絶対間違いないです。

じゃなけりゃ、「一切敵がでてこないでガイドツアーが楽しめる」モードなんて作るわけがないwwwww

来年の無料アプデで来るそうです。もちろん日本語対応。これは「ミイラの作り方」だそうw

わかってるなぁ。
そう、今までのアサクリに足りなかったのはこういうことなんですよw

 

今までのアサクリほど敵が出てこない

いわゆる危険エリアに行かないと、敵に襲われることは「今のところは」ありません。
ハイエナとかは襲ってきますけどね。

今までのアサクリって、敵にガンガン襲われるのがムカつくところ、ありませんでした?w

例えば、「アサシンクリード シンジケート」やってるとするでしょ。

「おお、ロンドン塔だぁ……!!」「ぬおお、バッキンガム宮殿!!!」

とか思ってウキウキ荘厳華麗で美しい建造物を眺めているとですね。背後から

「おい! てめぇぶっ殺されてぇみてぇだな?!」

「なんとか言ったらどうなんだ、ええ?!」

「まっすぐ歩けなくしてやろうか?!」

とか、びちぐそみたいなイギリスのギャング共が次々ケンカ売ってくるわけですよwwwwwwww

うるっせぇぇぇぇぇwwwwwwwwwwwこっちは歴史情緒に浸っとるんじゃあああwwwwwwwwwwwww

って全員、煽り文句が終わらないうちにサクっと暗殺して回るじゃないですか。
そこに警官が何事かとやってきて、収拾がつかなくなってきてそのへんの馬車を奪って、ロンドンの情緒あふれる街灯やら何やらをバッタバッタとぶった押していきながら馬車で爆走するわけですよwwww

もう歴史情緒もへったくれもあったもんじゃないwww何もかもが台無しです。

 

今回は、それがない。
サソリもいるし、ワニもいるし、ハイエナもいるし、盗賊も屈強な兵士も剣闘士もいるけれど。

少なくとも、ナイル川に夕日が沈んでいく様に心を奪われている時に、

「このフニャ〇ン野郎!!」とか言われることはなくなりました。

それだけでもすさまじい進歩だと、僕は思いますw

ちょうどいい不便さのワシ君

今回、敵のマーキングはコイツがやってくれます。

ワシ君。
ちゃんと名前ついてるんだけど、覚えにくいからワシ君でいいよね。

で、まぁコイツ。

ものすげぇ身もフタもない言い方をすると、ドローンですわ。

敵や目標を発見して偵察して、マーキングをしたり。
スキルを覚えると将国のアルタイルみたいに攻撃してくれたり。

でもね。
ドローンほど有能じゃないし、アサクリシリーズでよくある、画面暗転してぽぽぽぽーんってマーキングできるみたいな、ああいう感じでもない。

ウォッチドッグス2やゴーストリコンワイルドランズのドローンなんかは屋内でも余裕で飛んでいきますが、ワシ君はそんなのムリです。

さーっと飛んでるだけではマーキングできないから、ホバリングで見渡してマーキングしないといけない。
(あ、でもまだ序盤なので、性能アップする可能性はあると思います。シンクロで偵察可能エリア増えたし)

でも、そのぐらいの不便さがちょうどいいんですよねー。
最近のステルスゲーはちょっとマーキング性能が良すぎる気がする。

相手の居場所がわかっているかくれんぼをやってもつまんないですからね。

しかし、馬と組み合わせるとやばい!!

しかしですね。
そんなワシ君ですが。

僕はすばらしい活用法を見つけてしまいました。

これ、おわかりになりますでしょうか。
青い矢印がこれ、馬に乗っている僕です。

この時、僕は馬に目的地に向かって自動で道なりに進むよう命令しているわけです。

そう!!
馬に自動移動を命じると、目的地に向かいながら、その間にワシ君を操作して偵察ができるのです。

たぶん、みんな当たり前にやっていることなんだろうと思うんですけど。

正直、僕はこのやり方を発見した時、「おれ天才や」と思いました。

 

そして、なんといっても最高なのが「フォト」モード

ありましたよ!!
ありました!!

ここ最近、意識高い系のゲームには搭載されることが多くなった「フォト」モード!!
今作で実装されました!!!!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

 

これはデカい!!
っていうか今までのアサシンクリードシリーズも全部今から無料DLCでこの機能実装すべき。

さすがに「アンチャーテッド」や「Horizon Zero Dawn」のように、露出やらなにやらまでいじれたりはしませんでしたが、AFや簡単なフィルターが使えます。
操作説明には書いてないですが、AF中にカーソルの上下で明暗の調節もできました!!

このゲーム、本当にグラフィックが最高峰にキレイで、しかも細部まで作り込まれているんですよね。
だから、フォトモードが本当に楽しい。

ぶっちゃけ僕、写真撮ってばっかで全然ゲーム進めてないですもんwww

そんなわけで、Twitterではお披露目しちゃったんですけど。
僕がフォトモードを使って撮ったお写真を公開したいと思いまーす。

よかったらクリックして大きい画面で見てくださいね!

松研の画像は全部、アップロード時に自動圧縮処理かけているんでアレなんですけど。
実際のフォトモードはもっともっとキレイですよ(^^)/

題名:「最初に撮った写真」

題名:「母なるナイルとおっさん」

題名「寿司くいてぇ」

題名:「鳥貴族」

題名「JUST DO IT.」

題名:「征馬孤影」

題名:「白夜月」

題名:「Sketches of Spain」

こんな感じです!

「なんでおれヒゲのおっさんこんな一生懸命撮りまくってるんやろ・・・・・・」、とか思いながらも、今日一日ずっとこんなことやってました。

 

そんなわけで、これからも期待大のアサシンクリード オリジンズ。

これから日記を続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします!!

 

[amazonjs asin=”B073QVQT1T” locale=”JP” title=”アサシン クリード オリジンズ”]

関連記事

  1. 祝!! 松研一周年とゲームにおける「障害」の話【まつおコラム】

  2. 【大型アプデ】やるなら今しかねぇ!!ディビジョン2(Division2)!!【タイダルベイスン】

  3. シャドウ・オブ・ウォー名将伝「我が宿敵(とも)、グブ」【シャドウ・オブ・ウォー日記⑥】

  4. 第三回 春のまつお祭り開催!!【ドラクエ10おもしろいですよ日記】

  5. 【旅行記風】パピルスの場所を全て見つけてきました! 前編【アサシンクリード オリジンズ日記⑥】

  6. FPS初心者がレインボーシックスシージを三ヶ月カジュアルを欠かさず続けるとどうなるか【レインボーシッ…

  7. 【ネタバレ有】Hidden Agenda -死刑執行まで48時間ー 初見プレイ日記 その4

  8. あいつ登場【シャドウ・オブ・ウォー日記 最終回】

  9. 【ロマサガRS】おっさんがロマサガを知らない世代にアツく語る【ガチでおもろい】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ラノベはじめました
  2. The Last of Us Part II(ラストオブアス2)は最高傑作だと僕…
  3. おそらく世界中の人が過小評価しているFF7Rという神ゲーについて(FF7REMA…
  4. 【侍道外伝 KATANAKAMI】Diabloとシレン足した侍ゲーってそんなもん…
  5. 【Switch最強アイテム】純正ドックの10分の1サイズで同等性能!! GENK…
PAGE TOP