注目の記事 PICK UP!

【シリーズ集大成】初心者も安心!! エースコンバット7を300%楽しむ方法【誰が何と言おうと、今作はマジでおもしろい】

こんにちは。
まつおさんです。

昨日、エースコンバット7のキャンペーンを無事クリアできました。

 

いやー、最高だったなぁ!!!

ね、みんな最高だったでしょ?!

 

って記事を書こうとして周りを見渡してみて・・・ちょっとびっくり。

 

難しすぎる!!

爽快感がない!!

天候変化とかいらない!!

シリーズ最低!!!

仕事よりストレスがたまる!!

カタルシスがない!!

5が本体で7はおまけ!

UAV(無人機体)がウザい!!

 

 

( ゚д゚)ポカーン

マジかよ(;´・ω・)

 

それもAmazonとか見る限り、結構歴代シリーズプレイしてきた人が文句を言っている。

 

でも、正直、気持ちはわかる。

わかりすぎる。

 

 

僕の松研もそうなんですよ。

「いつも読み応えがあって最高です!! これからも続けてください!」

って言ってくれる読者さん(ありがたいことに、9割はそういう皆様)もいれば、

 

 

「まわりくどくて長いので途中で読むのをやめた」

ってわざわざコメントくれる人もたまーにいて、っていうか昨日もらったんですがwwww

 

 

でもね。

松研で記事にコメントするためには、一番下のコメント欄までスクロールしなきゃいけないんですよね。

 

僕のくそ長い記事をわざわざ一番下までスクロールさせてコメントしていってくれるというのは、もしかして僕のこと好きなんじゃないか

 

とwwww

これはこれでまた歪んだ形の愛情なんじゃないかとか、そんなことを考えてしまって。

そんなわけで、こういう読者さんなのかなと思って、むげに扱うのもどうかなと思っているのですよね。

(というわけで、これからもまわりくどくて長い記事を書きます。ごめん)

 

 

ただ、そんな僕のブログとは違って。

ゲームの場合はお金を払って買っているわけだから、ずっと期待していたゲームにガッカリして文句の1つも言いたくなる気持ちは、同じゲーマーとしてすごくわかる。

 

僕も正直、本作がクソゲーであることを覚悟した上で予約購入していました。

 

 

↑発売10日前のツイートです。

最高傑作である5が出て以降のエースコンバットの流れは正直好みではなかったし、発売前の世間の期待値の高すぎるゲームって、ハードルが高すぎてガッカリしちゃうことの方が多いので。

 

そんなわけで、今回は松研恒例(?)の、酷評に対する反論はあまり、ありません。(あまり、です。一応は言います)

 

 

ただね。

今エスコン7を買おうかどうか迷っていて、そういう人たちの酷評を見て「うーん、どうしようかな」と迷っている人がいるのなら。

やっぱり僕は声を大にして言いたい。

 

やろうよ!!

エスコン7最高だよ!!

 

ってね。

 

たしかに今作はハッキリ言って難しい

 

僕はつい最近、カッチカチになって全然動かないデュアルショック2で、押入れから引っ張り出したPS2版の5で難易度ハードで全ステージSランクとった男ですよ。

【大悲報?!】超絶神ゲー エースコンバット5移植という大ニュースを僕が深く悲しんでいる理由

 

そんな僕が、初見で今作の難易度「ノーマル」のステージ1をSランククリアできなかったどころか、Bランクでしたw

いやいやそんなバカなと、「Next Mission」を選ばずにリトライすると、Cランクになってしまったw

後で早い機体買ってやり直してみて、やっとSでした。

 

というわけで、まずは酷評レビューをしている人が不満に思っているおもな点を挙げながら、僕が実際にプレイした見解を述べてみることにします。

 

1.ひとつひとつのミッションが重い

 

以前までのエスコンだと、後半のミッションにならないといわゆる「継続ミッション」は起こらなかった。

予定していたミッションが終わった後に、「いや、待て・・・、なんか来るぞ!!」みたいになる、アレですw

それがもうぶっちゃけ、序盤からずっとあるw

寝起きすぐに焼肉のコース食わされてる気分ですww

肉が美味いから僕なんかすぐ食べちゃうんだけど、序盤でおなか一杯になる人はまぁ、いるのかもしれない。

 

↑これは、細い谷を低空飛行してサーチライト網を潜り抜けるミッションw
もうなんかずっとミッションのテンションがクソ高い。

 

ちょっと下品な言い方しますけど。

開発陣のキンタマがパンパンになってる感がすごいw

 

続編を待ち望んでいたのは僕たちだけではなかったということなんでしょうねw

これでもかというぐらいに、1つ1つのミッションに仕掛けが用意されている。

 

これが僕にとっては最高のご褒美で、ダメな人はストレスが貯まるらしい。

 

これはもう、好みの問題でしょうねー。

最終ステージだけは僕も軽く発狂しかけましたがww

(でもそんな最終ステージも、エースコンバット3のディジョン戦とかを覚えている方なら胸熱だと思います!!)

 

2.天候変化がやばい

 

落雷があったり、雲の中だと敵味方共にミサイルが当たりにくかったりロックオン可能射程が短くなったり、強風の影響を受けたり、ステージによっては砂嵐まで。

まぁAmazonのレビューを見てるとこれに文句を言っている人が多いこと多いことw

 

やれ爽快感がどうだ、意地悪だなんだ。

あと難易度が高いって文句を言う人お決まりの「テストプレイはちゃんとやったのか」(やってるって)

 

まぁ砂嵐はともかく、正直、それ以外はそこまで個人的には影響なかったんですけどね。

砂嵐はともかく。

砂嵐ミッション。こんなクソ視界が悪い中、制限時間内に敵の燃料を積んだトラックを探しに行かされる。しかも敵戦闘機部隊がミサイルばんばん撃ってくるw

 

 

落雷はやばいポイントはさっさと突っ切ればいいですし。

僕がうますぎるんですかね?

むしろ逆に、個人的には天候変化サイコーなんですけど!!!

 

いい写真撮るでしょう?w

周りをバンバンぶっとい稲妻が走ってる中、細い谷をかいくぐって敵パイロットを追い詰めている時、ドーパミンとアドレナリンが同時放出しちゃいましたよ!!

これ、サイコーのシチュエーションじゃないです?

 

だって、これって・・・

 

 

ラピュタですやんwwww

竜の巣に向かっている時のやつ!!

 

あれを体験できるんですよ!!!

こんな最高なことがありますか?!

 

 

にしても、マルチと違ってキャンペーンの場合、敵はコンピューターなわけで、ぶっちゃけコンピューターは当たり判定のズルをしようと思えばいくらでもできるわけですよね。

ところがこちらはできない。

雲をうまく使えばそんな理不尽を軽減できるわけです。ミサイルの脅威を相当レベルまで減らせる。

そしてこの戦法はマルチでもメチャクチャ有用です。

エースコンバットにとって自然はただの景色か障害物なだけだった。 でも、雲がただの景色ではなくなったということは、より自然が「生きている」ということ。 酷評する前に、この意味の大きさを考えてみてほしいとは思う。

 

そして、こういう戦法をうまく活かせない人が「ロックオンされてばかりでストレスがたまる!!」ってレビューを書いている。

この「雲」の要素はむしろこのゲームにおいては救済措置なのです。

 

 

ステージ8の砂嵐はまぁ・・・気持ちはわかりますw

でもまぁ、ステージギミックですからね。

 

3.時間制限がけっこう厳しい

 

これはたしかにそうです。

僕も最初は時間切れで全然クリアできないことも多かった。

さっき言った砂嵐のステージ8なんかは、「敵戦闘機にものすごい妨害される中、砂嵐でたまにしかレーダーに反応しないトレーラーを全部壊してくださいね、制限時間内に」っていう鬼仕様で、最初はなかなか手こずったものです。

このため、ルートがだいたい決まってしまうのと、制限時間が厳しいことから、

 

「自由度が低い!」

「大空を飛び回るあの爽快感はどこにいったんだ!」

 

という声があったりします。

まぁ、これもわかる。

そして制限時間がある以上、ここを解消する術は基本的にはありません。

 

ただ、1つだけあります。

それについては後述しましょう。(まわりくどくて長いブログw)

4.ストーリーが不評(僕はアリ)

 

まぁこれは好みですから、なんとも言えませんが。

5みたいに、最初から最後までみんなからチヤホヤされる展開を期待していた人には、不満が残る感じだったのかもしれません。

あ、最終的にチヤホヤはされますよw ものすごくw

 

個人的な意見を言えば、「懲罰部隊」っていうサイコーな設定を活かすためには、20ステージは短いかな。

とは思います。

これがたとえば海外ドラマだったら、懲罰部隊での物語だけで3シーズンぐらい使う感じじゃないともったいないw

 

あとやっぱり、世界と主人公のバランスなんですよねー。

世界を動かす流れがあって、主人公がそこに関わっている。

5はその主人公の立ち位置というか、バランスが中心寄りだったんですが、6以降のエスコンはちょっと外側寄りになってる気がする。

外側寄りのがオシャレではあるんですが、やっぱ中心の方が燃えるのはたしかだと思います。

 

あと、5がみんなずっと仲良しの仲間だったのに対し、本作は懲罰部隊の関係で、ぼろくそ言われることが多いw

でもAmazonのレビューとかで、それで本気で怒っている人が多いのは正直びっくりしました。

 

たとえば「大馬鹿野郎」って誉め言葉なんだけど、もしかして本気でDisられてると思っちゃってます??

ああいうのはアウトロー同士のじゃれ合いみたいなもんだと思うんですがw

むしろ「こいつら仲良いなぁww」と思ってプレイしていたんですが、最近はみんな映画とか、海外ドラマとか見ないんですかねー。

 

まぁ一つ言えるとすれば・・・・・・。

 

バートレット大尉の穴は誰にも埋められないということですよ。

声優さんも亡くなられてしまいましたし;;

 

5.UAVはたしかに多いが・・・そんなにウザいかなw

 

本作はUAV(無人機)がめっちゃくちゃ多いです。

 

ハエのごとく大量に出てきて、しかも機動力が高くそこそこ強い。

それですごい叩かれてます。

最近のゲームは難しくて爽快感がない!!(以下略)

みたいな。

ハズキルーペ使え

 

まぁその通りなんですが、ただ、爽快感はありますよ。

大空を駆け巡って奴らのミサイルをかいくぐりながら、1体1体速やかに落としていくんです。

これ以上爽快なことはありません。

まぁこの大群、最初はビックリしますけどねーwww

 

UAVは確かに素早いですが、1体1体のミサイル回避性能は大したことありません。

特殊兵装で複数ロックオンして発射、兵装を切り替えつつ、逃げ回る数体を追尾して通常ミサイルで撃つ。

上手く立ち回ればまさにハエを落とすかのごとく、20体ぐらい一瞬で一掃できるようになります。

むしろ爽快でしょ?

 

 

 

まぁ、だいたい不満点として挙げられている点は以上な感じでしょうか。

逆に言えば、僕にはこれらのすべてが肌に合っていて好きだったんですよね。

 

 

さっきも書きましたが、今回はこれらの酷評について、さほどあれこれ言うつもりはありません。

それはそれで正しいと思うからです。

 

昨年末に、松研一周年記念のコラムで、ゲームと障害についての記事を書きました。

祝!! 松研一周年とゲームにおける「障害」の話【まつおコラム】

 

「障害」を乗り越えるのがゲームの楽しさだと思うのですが、人によっては大きすぎる障害がストレスに感じるのもまた確かです。

今、エースコンバット7を買おうかどうしようか悩んでいる人も、

「この障害を自分は楽しく乗り越えられるのだろうか」

って思っちゃっている人も多いのではないでしょうか。

 

なので、今回はそんな皆さんのため。

元オーシア国防空軍第108戦術戦闘飛行隊ウォードッグ隊隊長の私が、そんな本作の障害を楽しく、爽快に乗り越えるコツを伝授しましょう!!

そう、まわりくどくて長い松研の、ここまでが前置きになりますwww

①実は本作、いつでも「強くてニューゲーム」できちゃう

 

キャンペーンでお金貯めて機体とか買うじゃないですか。

ツリー状になっていて、どんどん好きな機体とかパーツを買えるんだけど、返品とかできないですからね、本作。

「ちょっと今の機体じゃしんどいな」って思う時があるかもしれません。

そういう時につらい思いをして、何度も同じミッションを延々と繰り返すのもまぁ、一つの楽しみ方です。

それで勝てたときはすごく嬉しいですから。

 

でも、それで心が折れちゃってストレスが溜まってAmazonのレビューにいちいち恨み言を書いちゃうぐらいなら、

迷わず!!

「RESTART STORY」を選びましょう!!

 

「入手アイテムを含むデータを引き継いで、キャンペーンモードを最初からプレイします」

 

私見ですけど、Amazonでぎゃーぎゃー騒いでる人って絶対コレやってないと思うんですよね。

 

Su-57で高速移動したら制限時間よゆーで間に合います(さっきの嵐の話で後述するって言ったのはこういうことです。)

特殊兵装で複数ロックオンして一気にぶっぱなせば爽快感あります

対艦ミサイル使うのやめて艦隊に空対地ミサイル使ってみてください。世界が変わります

 

5のキャンペーンだとこんなのできないですからね。

コツコツためて機体買ったり育てたりしていかないと、目的のミッションまでに目的の機体が買えなかったり経験値がためられなくて新機体が解放できなかったり、あれはあれで結構大変だったんですよ。

 

Amazonのレビューで「二度とやりたくないミッションがいっぱい」なんて書いてありましたけど。

そう言わずにやり直してみてください。

あんなに苦痛だったミッションが、とても爽快になっているはずです。

 

機体とアイテムが良くなったから?

違いますよ。

あなたがパイロットとして成長したんです。

これがエースコンバットの「カタルシス」なんですよ。

 

②なんと資金は共通!! けっこう稼げるので、マルチプレイもやってみよう

 

せっかくですから、キャンペーンに詰まったら気分転換でマルチプレイやってみたらどうでしょう。

思っていた以上に気軽に遊べますよ。

しかも報酬額がなかなかデカい!!

 

10万ぐらい一瞬で貯まりますよ。

僕がうまいせいかもしれませんが、ものすごく強い人ばかりかと思えばけっこうさくさく勝てます。僕がうまいせいかもしれませんが。

 

「どうせ強い装備で無双してるやつばっかなんじゃないの?」

と思いがちですが、そうでもありません。

強い機体だから勝てるとは限らないし、チーム戦もあります。

また、使うパーツの制限や特殊兵装のありなしなど、いろいろな条件を決めることもできます。

 

まぁハッキリ言って、みんなでミサイルをぐるぐる避けながら追いかけまわす異様な光景ですがw、思っていた以上にサクサクしていて楽しめますよw

キャンペーンで疲れた人は、ここで折れた心を癒してから、再出撃されてはいかがでしょうか。

きっと次はうまくやれます。

 

③下手な人は高度を意識していない。なぜなら水平を保てないから。

 

次は技術的な話を少しだけします。

 

単純に考えて、戦闘機のミサイルって最初、水平に飛びますよね。

つまり、水平方向にいる敵に当てるのが一番最短距離で命中させやすいんです。

後ろに回るとか、ヘッドオン(正面勝負)とか色々なテクニックの前にまず、「高さ」を合わせられていない場合が多い気がします。

ゲーム中に説明がないけど、下に「SHOOT」と表示されていますよね。 こうなった状態の時に撃てばまぁだいたい当たります。

 

で、なんで高度が合わせられないかというと、「機体を水平にできていないから」だと思うんですよね。

そこで使えるのが「オートパイロット」機能

これ、便利なのに、ゲーム中でなぜか説明がされていない機能なのですが、L1とR1を同時に押しっぱなしにしていると、押している間、機体を自動的に水平に戻してくれます。

曲芸飛行しまくっていてどっちが地面かわからなくなった時にも有効です。

困ったらL1+R1!

 

④敵との位置関係を簡単に視認する方法

 

ミサイルを撃たれたらどうしますか?

加速したり急旋回したりしますよね。

それは敵も同じで、ミサイル発射されたら一気に加速します。

UAVなどの高速機体は特にすぐに画面から消えるので、追うのが大変になります。

でも実は、これもゲーム中に説明が一切ないのですがw、(PS4のコントローラーでいうと)△を押しっぱなしでロックオン相手の注視、〇を押しっぱなしでミサイル視点に切り替えができます。

これを使えば相手との位置関係がはっきりわかるので、より相手に有利なポジションを取る立ち回りをしやすくなります。

慣れるまで大変かもしれませんが、意外と使えるテクニックの1つです。

 

⑤減速を使うのが下手

 

L2R2同時押しの急速旋回は使えていますか?

ストール(スピード低下による落下)にさえ気を付ければ今作で非常に有効なテクニックです。

 

が、それとは別に、減速はちゃんと使えているでしょうか。

旋回している相手を全速力で相手を追いかけようとしても、スピードが付きすぎて大回りになってしまいます。

先に逃げる相手の方が内周を回るので、永遠に追いかけっこ状態になります。

これが下手な人が時間内に敵を倒せない最大の理由ではないかと僕は思います。

 

小回りでターンするためには減速が必須です。

今作は動きが早い敵が多いので、ついついつられてこちらも速く移動しがちですが、減速で小回りすることも考えましょう。

 

⑥特殊兵装、いろいろ試してみました?

 

たとえば対艦ミサイル。

艦隊戦ではまぁ便利は便利ですけど、ちょっと局所的ですよね。

でもね、使ってみたらすぐにわかるんですが、多くの場合において艦隊相手でも、対艦ミサイルを使うよりLAGMみたいな複数ロックオンの対地ミサイルを使う方がいいです。

攻略サイトとかを覗いてみたら、対艦ミサイルを使えって書いてましたけど、僕はLAGMを推奨します。

 

対地ミサイルは範囲攻撃で威力も強いので、艦隊がほぼ1発で沈むんですよね。

それを複数発打てるからまぁ強い。

ミッション11とかで使うと気持ちいいですよ!!

 

そんな感じで、特殊兵装のチョイスで戦局が大きく変わることもあります。

ミサイルを当てるのが苦手な人は誘導性能の高いミサイルを使えばいいですし、逆に狙撃に自信のある人は威力の高い兵装を使うのもアリかもしれません。

 

⑦まじめな話、エースコンバット5をやってみる(PS4ユーザー)

 

↓この記事で紹介したように

【大悲報?!】超絶神ゲー エースコンバット5移植という大ニュースを僕が深く悲しんでいる理由

ベタ移植と聞いていたんですが・・・・・・。

 

読者さんのコメントを見て、実際にプレイしてみてびっくり。

えっ

 

うそでしょ・・・

 

なんだ・・・これは・・・!!!

 

めちゃくちゃキレイなっとるやんけwwww

その他にも兵装やレーダーの切り替えスロットルとラダーの入れ替えまでこっそり実装されてる!!

画面比率も16:9でアプコンされている。

こっそりいじってあるみたいw

そうだよなー、PS2のベタ移植で17ギガっておかしいもんなーww

 

というわけで、ちょっと前まで押入れからPS2を引っ張り出さなきゃ遊べなかったエースコンバット5が遊べるんですよ。

それも超快適に!!

 

僕みたいにカッチカチになったデュアルショックで「動け!動け!!」しなくていいんですよw

 

で、7がちょっと合わないなーとか、苦手だなーとか、難しいなーと思った人は、5からやってみるといいと真面目に思うんですよね。

ストーリー的にも、7は5の10年後の世界の話なので、感情移入しやすいと思います。

5は7よりもミッション的に難易度の上がり方がゆるやかなので、少しずつ学んでいけるのと、操作感覚もほぼ変わらない。

5で学んだ技術がそのまま7で使えるんです。

 

しかも面白い!!

 

 

ただ、これだけはハッキリ言っておきたい。

 

7が難しすぎる!ストレスが溜まる!!

5が良かった!!今作は5のおまけ!!

 

って騒いでいるオッサン共はたぶん、おまけで付いてきた5を絶対やってない。

昔の思い出のまんまだからwww

 

【大悲報?!】超絶神ゲー エースコンバット5移植という大ニュースを僕が深く悲しんでいる理由

 

僕は最近PS2版を難易度ハードのオールSランククリアしたから断言できる。

5のミッションもクソみたいにストレスたまるミッションいっぱいあるからwwww

 

結局オッサンの思い出補正なんですよ。

オッサンが適応できなくなってるだけ。

 

ゼイゼイ呼吸しながら飛び回る7のジジイパイロットを見習ってください!!

 

戦い続ける男はジジイになってもモテる

 

というわけで、今5をちゃんとやらずに「やっぱ5だよなぁ」とか言ってるオッサン共と違って、ちゃんと5をやってみてください。

その後で7をやれば、わかるはずです。

 あ、ちゃんと7は集大成してるんだなって。

 

⑧テクニックを学ぶべきところと、覚えるべきところがあることを知る

 

たとえばこの敵を倒すだとか、そういうのは「テクニック」じゃないですか。

テクニックは得意苦手、人によって違いが出るから仕方ない部分もあると思います。

でもたとえば、「制限時間内に〇〇を〇〇台破壊」みたいなのはぶっちゃけ、覚えるだけなんですよね。

ダクソとかと同じ覚えゲーなんです。

 

 

たとえば、Amazonの酷評でギャーギャー騒がれていたミッションが3つぐらいあります。

 

1つはさっき説明した、ミッション8の砂嵐の中でトレーラーをいっぱい破壊するってやつなんですけど。

レーダーから定期的に見えなくなる(というか定期的にしか見えない)中、トレーラーを探し回って、しかも航空部隊がミサイルでガンガン妨害してくるんだけど制限時間があるから相手してられない・・・、みたいなマップなんですよね。

 

これね。

トラックの場所は固定なんですよw

 

一回マップ覚えたら余裕なハズなのね。

 

それを大騒ぎするのは、覚える能力がないのか、覚えようとしていないのか、ものすごく気が短いのか、わからないですけど。

覚えてしまえば攻略できないほど難しいMAPではないと思います。

 

 

もう1つは、ミサイルサイロを探して破壊するミッション。

これはミサイルサイロの偽物がいくつかある中から5つの正解を見つけるんですが。

 

これもクリアするまで偽物の場所同じなんですよw

 

覚えればいいだけ。

個人的には、ブリーフィングの助言を一切無視して足の速い機体で高度からガーって行くのがオススメです。

 

あとね、後半に敵味方の識別ができなくなるミッションがいくつかあるんですけど。

黄色のマークは敵か味方かわからないという状態。なるべく中央に合わせると敵か味方か判別できる・・・・・・、が、配置を覚えてあらかじめ敵かどうかわかっていればいい。

 

これも敵の配置は決まっているんだから、覚えればいいだけ

 

おわかりいただけたでしょうか。

一見とても難しいゲームですが、覚えさえすればどうにかなるミッションが半分を占めます。

ダクソと一緒です。

 

 

なんでそれで酷評されるのか。

単純な話で、それがわかる前にギャーギャー文句を言っているんです。

 


こんなのは5と違う!!

そんなことはありませんw

5もたいがい覚えゲーでしたよ。

⑨死ぬのも失敗するのもエースパイロットの糧!いちいちイライラしない

 

最近みんなストレスためすぎなんですよ。

ぶっちゃけストレス解消したいんだったらもっと他のゲームやったほうがいいです。

 

 

これは僕のポリシーの1つなんですが。

 

成功は偶然でも起こりえます。

でも失敗には必ず、理由があります。

自己啓発本とか、自伝、偉人伝みたいなのは、だいたい成功例とか成功体験しか書いていません。

でも本当に重要なのは失敗例なんですよね。

失敗の掘り起こしをきちんとするからこそ、偶然でない成功が生まれるんです。

 

PDCAサイクルです。

なのに、失敗の話題になるだけで嫌な顔をする器のちっちゃいオッサンが世の中多すぎる!!

失敗を繰り返してプレイを改善していって最終的に成功する。

 

その快感が最高なのに!!

 

 

 

あなたはエースパイロットです。

 

失敗した!!やられた!!

むきー!!!ストレスがたまる!!昔はこんなのじゃなかった!!1

Amazonでむちゃくちゃ書いてやるー!!

 

正直そんなやつはエースパイロットではないと僕は思う。

 

難しすぎるって?

そんな誰でも簡単にできちゃったら「エース」じゃないんですよ。

誰もができないことをやるからエース。

今作はそういう意味で、今までのシリーズで一番エースであることを実感できる作品です。

 

⑩エースコンバット7は、なろう系ラノベではない

 

このゲームの題名は「エースコンバット7」です。

 

エースパイロットがコンバットする話です。

「異世界に行った軍ヲタの俺がエースパイロットになってハーレムを作った件」

 

みたいな題名ではありません。

現実世界で陰キャだった人が突然異世界でチート級の力を持ってIQの低そうな女の子が盲目的に恋をするのを鈍感キャラなフリをして振り回すようなゲームではありません。

 

勝てないやつは勝てない。

生きていけない奴は生きていけない。

 

ある程度、そういう部分があるのはいたし方のないことだと思います。

 

「初心者はどうするんだ!!」

って騒ぐ人がいますけど、それは初心者が言うべき言葉です。

あなたが下手で悔しいということを初心者で代弁すべきではありません。

 

でもね。

これだけは知ってほしい。

 

その先に自由な大空は、たしかに開いているんです。

 

 

 

見てください。

この息を飲むような夕陽を。

 

こんな美しい夕空を自由に高速飛行できるゲームなんて、今まであったでしょうか。

僕もみんなも大好きな5でさえ、戦闘中に空を見て思わず見とれてしまうなんてことは一度もありませんでした。

本作には、それがあります。

 

 

大空を飛び回る自由さがないって書いている人が結構いましたが、決してそんなことはありません。

写真いっぱい撮っちゃいましたよw

むずかしいって言われたほうが燃えませんか?

 

ダクソなんかもそうですけど、周りが難しいって言ってるゲームをクリアする楽しさってありますよね。

本作なんかもそうです。

でも、難しいって騒いでるのはオッサンが多い気がします。

スマブラの時もそうだった気がしますw

 

【ふつーに】スマブラSPはガチ部屋バトルもちゃんとできるし良作ですよ【良作】

 

だいたいギャーギャー騒いどるのはオッサンなんですよねw

もうだったら違うゲームやればいいじゃないw

 

ちゃんとそのゲームの仕組みを理解して、覚えるべきことを覚えられたなら。

別に難しくもなんともなかったりするんですよ。

 

ストーリーは地味かもしれない。でも

 

ストーリーを不満に思う人はいるかもしれません。

ですが、僕は今の時代や世相を反映した、ちゃんと考えられた、とても良い作品だと思っています。

 

無人機の時代は、とっくに浸透しはじめています。

兵器として、現実世界で爆撃などにも使用されているのです。

 

↑これは実際に開発されている、アメリカの「ジェネラル・アトミックス・エアロノーティカル・システムズ社」が開発中の無人攻撃機です。

アヴェンジャー(復讐者)という名前の機体です。

偵察機ではなくて、ミサイルも爆弾も落とせる機体です。

どうせアフガンとかに使うんでしょって思うかもしれませんが、これ、日本政府が導入検討している機体なんですよw

2018年11月9日、日本国政府が海上自衛隊にアヴェンジャーを導入する方向で検討していることを読売新聞が報じた。日本周辺で活動する中国軍の艦艇や北朝鮮の「瀬取り」と呼ばれる密輸取引の監視体制を強化する狙いがあり、2020年代後半に運用を始めることを目指しているとされる。また、無人機の活用を防衛計画の大綱に盛り込むことも検討している

WikiPediaより

 

こんな時代にエースパイロットなんてのは、時代遅れなのかもしれない。

そんな時代のエースパイロットとUAVの戦いという構図は、色々と考えさせられますし、そこにアツいものをたしかに僕は感じましたよ。

そういうことを色々想像させてくれるゲームは、僕はいいゲームだと思います。

これだけお金をかけて、いろいろな取材や綿密な資料検討をして、兵器メーカーや航空機メーカーとのライセンスまで取得して作られた作品なのに、そういう想像力を働かせずに、ただただ文句ばかり言うのは、ちょっともったいないんじゃないかな、と僕は思います。(僕はね)

 

とんがったチューニングです。

 

もう皆さんご存知だと思いますが、僕は基本的に、すぐなんでも「つまらん」という奴が嫌いです。

ハッキリ言ってしまうと、「お前がつまらんのはわかったから、とりあえず黙っとけ」と思います。

 

その人がつまらないと言うことで、無邪気に楽しんでいた人が「楽しんじゃいけないのかな」と思うのが嫌だからです。

これから楽しもうとする人が、楽しむのをやめてしまうのが嫌だからです。

 

逆に、自分が楽しいとか、面白いと思っている作品を誰かに褒められると、自分のことのようにうれしい。

このブログの9割は、僕のそういう気持ちからできています。

 

 

でも、今回僕はあまり、酷評している人たちを悪く言うつもりはありません(言ってるけどw)

それはなぜかというと、そういう人も含めて、みんな、ずっと待っていたからです。

 

6からは11年。

5からは15年もですよw

 

初代iPhoneの登場が2007年ですからね。

スマホが普及する前の時代です。

年も取るし、時代も変わる。

当時考えていたこと、感じたことと今が同じであるはずがない。

 

酷評している人たちのことを、「文句を言っている」と僕は言いましたが。

本当は文句じゃないんですよね。

 

「こんなのは昔やっていたあのエスコンじゃない!!」っていう心の叫びなんだと思うんです。

だからこそ、僕はいちいち酷評する人って正直好きじゃないけれど、同じゲームを愛してきた者として、気持ちがわかってしまう。

 

でも、それは本当にゲームが変わってしまったのか。

そうじゃないんだと思うんですよね。

その人が変わってしまったんです。

 

 

もう一度、コックピットに戻るんだ

 

だから、僕は世のオッサンたちに言いたい。

もう一度コックピットに戻って、操縦桿を握れ

と。

 

空に自由がない?

何を言っている。

 

今回の我々は、懲罰部隊なんだ。

自由なんてあるはずがない。

それでも自由になりたいのなら。

 

自分の力で勝ち取りなさい。

 

 

「まどろっこしくて長いから読むのをやめた」ってアンチコメをもらったばかりなのに、歴代の松研の中でも相当長い記事になってしまいましたw

これからもまどろっこしくて長い記事を頑張って書き続けていきますので、皆様よろしくお願いいたします。

 

 

エースコンバット7、最高です。

ここまでやりごたえがあってエースパイロット気分が味わえる作品は、そうそうありません。

 

次が何年待たされるかはわかりませんが、どうか開発陣の皆さんが声の大きい酷評を真に受けたりしませんように。

 

そんなわけで、また!!

 

どうしても伝えたいことを追記:

 


 

松研Radioはじめました!

「松研Radio」はじめました。

↓動画もやっています!!

よろしければ見に来てくださいね(^^)/


関連記事

  1. ランエボ乗りの不死者(リビングデッド)【Need for Speed Payback日記⑥】

  2. 2017年に発売されたゲームを振り返る【後編】

  3. 体験版の時点で神ゲーでした!! モンスターハンターワールド【モンスターハンターワールド日記⓪】

  4. 【ネタバレ有】Hidden Agenda -死刑執行まで48時間ー 初見プレイ日記 その1

  5. 【まつお軍】ついに攻城戦やりました【シャドウ・オブ・ウォー日記③】

  6. FPS初心者がレインボーシックスシージを三ヶ月カジュアルを欠かさず続けるとどうなるか【レインボーシッ…

  7. 難易度低め? でもめちゃくちゃ気持ちいいー!!!「SpeedCross」ニード・フォー・スピード ペ…

  8. 松研初のゲーム実況動画を公開しました!! !【ゲーム実況配信日記(Frostpunk)】

  9. シャドウ・オブ・ウォー名将伝「我が宿敵(とも)、グブ」【シャドウ・オブ・ウォー日記⑥】

コメント

    •  
    • 2019年 1月 21日

    エスコン7ちょうど今クリアして余韻に浸ってました。確かにストーリーやってる最中は砂嵐ミッションとかで発狂しながらやってましたが、らすと

    •  
    • 2019年 1月 21日

    ミッション最後の1機との最後のドッグファイトが互いに機銃を撃ち合ってこちらがギリギリ勝つという非常に燃える展開だったので一気に神ゲーだと感じました(´・ω・`)

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      こんにちは!
      それは激熱展開ですねーwwww

      こういうのってやっぱり、紙一重なんですよね><
      人それぞれなんだと思いますが、個人的にはやっぱり、このぐらい「ムキー><」とさせられる方が好きですw

    • 匿名
    • 2019年 1月 22日

    どうも、父のps2でエスコン4.5をやってエスコンシリーズにハマった19歳の学生です。
    確かに砂嵐やサーチライト掻い潜るミッションは初見はイライラでしたけどそれを巻き返すが如くのミッション19でしたねバリア消えたときのBGMの盛り上がり方とかマジでシビれました!そして要所要所で出てくる過去作のワードを聞くあたり5から10年後の世界を強く推していたのもうなずけましたね!ラストミッションの時も5のハミルトンネルを思い出しました。まあ登れと言われた時は少し理解できなかったですけど笑次はVRも買って遊んでみたいですね

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      おおおー、お若いのにベテランパイロットさんですねーw
      これで次代の空も安心ですwww

      VRそうですよね!
      Oculus Goしか持ってないのですが、めちゃくちゃ気になっているところです。

    • 匿名
    • 2019年 1月 22日

    概ね納得なんですが、今回はミッションの中でのストーリーの魅せ方が駄目なんだと思います。何と言うか同じ空間で戦ってる一体感に欠けます(何か単独で戦ってる感じなんですよね…)
    それに最後への盛り上がりに欠ける気が…。全体的にガッツリした物を食べたくて来たのに、上品な料理を出された感じでした。
    敵の動きについては6のシュトリゴン隊の方が難しい位だと思います。難しいと言ってる人はもう少しやり込むべきですよねw
    個人的には最後のUAVは撃ち落とし易すぎて拍子抜けでした。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      コメントありがとうございますー!

      僕はこれはこれで好きですけど、でも気持ちはすごくわかりますw>ガッツリした物を食べに来たら上品な料理だった

      今回面白いと思ったのは、たとえばスマブラとかだと、「難しい!!」っていう若い世代と「昔のゲームはなぁ・・・」みたいなオッサンでくっきり分かれてたと思うんですけど、今回のエスコンが「難しい!!」って言ってる人の多くが歴代シリーズをやっていたオッサン世代だというw

    • いんでぃご
    • 2019年 1月 22日

    エスコン5でデビューしたパイロットです
    序盤に馴染みのある人が亡くなってしまったりその罪をなすりつけられたりでガッカリしてたのですが、M9で一気にエース感が出てきてめちゃくちゃテンション上がりました
    チヤホヤされなくてつまらないって方もいるみたいですけどミスターX戦後のムービーやトンネル突入のやりとり等、ドヤァってなる演出があって楽しかったです

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      コメントありがとうございますー!
      今回、一見薄味なんですけど、かめばかむほど味わい深くて、食べ終わった後もまた食べたくなる味の作品だなーと思っていますw

    • 匿名
    • 2019年 1月 22日

    いい記事でした。エスコン2からやってますが難易度はぶっちぎりで今作が難しいですね。初心者にはつらいだろうなと思っていますのでイージーがその意味でマトモであることを祈ってます(開幕からハードなのでそれ以外はわかりません)。
    さて、今作では「おれはこの空に帰ってきた!!!!」って言えることがとてもうれしい。ストーンヘンジを、04でフルボッコにしたストーンヘンジを今度は防衛するんですよ?熱くならないわけがありません。それに再びやってきたファーバンディ攻撃、そう、あの時も陸軍はそのルートで進撃していたよな!するとエルジアの第2防衛ラインがあの辺に間違いなくあるぞ!とか・・・
    過去作をやっていたエース達には過去との邂逅が待っている・・・粋なことだと思います。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      コメントありがとうございます!
      そうなんですよねーw、以前の作品を知っていればいるほど、いろんな意味で集大成なんだと思います。

      本作から始めるエースの方にとってどうなのかは、想像するしかないですけど、楽しんでもらえると嬉しいですね!

    • 匿名
    • 2019年 1月 22日

    ちょっと泣いたw

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      そのコメントでちょっと泣きましたwww

    • 匿名
    • 2019年 1月 22日

    04から始めましたが、確かに今回は難易度高いかな、とは思いましたが、それ以上に12年のブランクと自分がそれだけ老いた(笑)のだということを実感しました。
    何だかんだ言われてますが、過去作を知る身からすれば「おおっ!」と思うようなことがたくさんあり、嬉しくなりました。
    ファーパンティー攻略も最後に出てくるのが5機のフランカーとか04まんまの展開だし…。
    UAVは機動性が高くて鬱陶しいけど、案外隙を見せたりするのでそういったタイミングを覚えていけばやりようはあると感じましたからやり込んで行けばまた違うものが見えてくると思うんですけどねぇ。
    色々思う事、書きたいことありますけどとりとめなくなりそうなのでここまでにします。
    いきなり長駄文、失礼しました。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      こんにちは!
      コメント嬉しいです。

      10年越えはやっぱり大きいですよねーw、ぜぇぜぇ言いながら飛んでるミハイにちょっと感情移入しちゃいましたもんw

      こうして熱いコメントをいただくたび、同じ思いを持つ同志を得た気分です。
      ありがとうございました!

    • ソース
    • 2019年 1月 22日

    PS2三作以来久々のエースコンバットでしたが期待に違わぬ良作だったと思います。確かに今作は比較的難易度が高かったように感じられましたね。
    私の場合砂嵐ステージはレーダーとにらめっこしながら探すだけなんで特に苦戦することもありませんでしたが、スコア稼ぎステージで時間内に規定スコアを稼ぎきれないことが多発しました。制限時間結構きつくありませんでしたか?いきなりハードで始めたせいかもしれませんが。
    連続ミッションもチェックポイントからリスタートできるのでむしろプレイのストレスは減ったように思います。
    5のミッション18+で8492飛行隊を全滅させようと頑張ってた頃、ミスするたびに会敵までの1分程の無駄な飛行を強いられていたストレスと比べれば今回のは大したことないですね。
    ストーリーに関しては過去作ネタが大量にあって思わずニヤニヤしたり、驚かされたりでかなり楽しめましたね。まさかあのストーンヘンジを守る側に回る日が来るとは思ってもみませんでした。
    久々にモビウス1として飛びたくなってPSVRもポチってしまいました。届くのが本当に楽しみです。
    空が綺麗で飛ぶのが本当に楽しいです。PS2時代と比べて難易度エースでの被ダメが大幅に減ったのもあってかなり大胆に飛べますよね。最初エースで味噌もらった瞬間終わったと思いましたけど50%ももらってなくて驚きました。
    まだまだ語りたいことはたくさんありますが、きりがないのでこの辺りで失礼します。記事に対する反応ではなく完全にゲームの感想になってしまって申し訳ない。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      ソースさんはじめまして!
      そうなんですよねーw、クリアするだけならまだしも、スコアを狙うと途端に制限時間がエグくなってきますよねw

      でもおっしゃる通り、リスタートがかなり優しくなりましたよね。
      私も終始ニヤニヤしっぱなしでした。

      たくさん語ってくださってありがとうございますw

        • タルタル
        • 2019年 1月 23日

        PSVR届きました。
        VRモードヤバいですねこれ。
        思わず興奮して歓声をあげてしまい、何事かと部屋に家族が来ちゃいましたよ。
        それくらい興奮しました。
        まだ1stミッションしかやってませんけど、物凄く興奮してます。
        ちょっと興奮しすぎて上手く言葉に出来ない。でも本当に素晴らしい体験です。
        この為だけにPSVRを買った甲斐がある。間違いなくVR買うだけの価値があります。
        最高の体験でした。

          • ソース
          • 2019年 1月 23日

          あまりの興奮に入力する名前を間違えたソースです。

            • matsuosan
            • 2019年 1月 23日

            タルタルソースさんwww
            VR評判いいみたいですよねー!!

            私も近日中に体験予定なので楽しみです!!

    • 匿名
    • 2019年 1月 22日

    めっちゃいいこと言ってるし5はよかったおじさんへの言及は完全に同意

      • matsuosan
      • 2019年 1月 22日

      ありがとうございます><
      5が良いと思う気持ちは僕も同じなんですけどねーw

        • 匿名
        • 2019年 1月 22日

        良いところも悪いところもああエースコンバットってこういうゲームだったよなって感じだし
        その上で正当な進化を感じられる最高のエースコンバットで最高のファンディスクだった

          • matsuosan
          • 2019年 1月 22日

          そうですね!
          同感です(o˘◡˘o)

          そう、ファンディスクはしっくりきますねw
          とても豪華なファンディスク。

    • siro
    • 2019年 1月 23日

    こんにちは、初めまして!記事を読ませて頂きましたが大部分に同感です!シリーズとしては大分前に5しかやってなくて難易度については正直5の方が難しいのではと思ってしまいました。
    大体はシリーズとしての伝統を感じて楽しかったのですがストーリーの部分で少し期待外れでした。広告ではエルジアが無人機でクリーナ戦争をしてオーシアは人で誤爆をしてしまうみたいな感じで対比がテーマだったと思うのですがやってみると…人、人、人、ストーリーの大半で出てくる上に常に敵兵の声が聞こえるので無人機と戦ってる実感がわかない。それにオーシア側の人でのミスというか民間への被害への焦点はほぼ無しで期待外れでした。この点はなにか感じませんでしたか?

      • matsuosan
      • 2019年 1月 23日

      siroさん、はじめまして!
      コメントありがとうございます。

      「無人機じゃなくて人と戦いたいんだ!」っていう人が多い中、「無人機と戦っている実感」っていう発想は正直なかったです。面白い着眼点ですね!

      個人的な欲を言えば、ストーリーでもゲーム中の敵キャラとしてでも良いので、もう少しゾクっとするような、無人機の人間味のない「怖さ」みたいなのをもう少し感じられたら良かったなぁ、とは思っています。

      あと、無人機によるクリーンな戦争でエルジア側が世論を味方に付けるが……という流れは、siroさんの仰る通り、主人公がその後(民間への被害が言及されたミッションの後)懲罰部隊に配属になったのでフィードバックがなかったことと、その後の王女の様子からしか窺い知ることしかできないですよねw

      そこまで掘り下げるには話数が足りなすぎるのかなぁ、とは正直思います。

      ただ、対比がテーマというよりは、本作の焦点として、戦争やそれによる犠牲については「起こり得るもの」として、どちらかというと淡々と扱われているように感じます。「そういう世界の中で、我々はどういう未来を歩んでいくのか」という部分が主軸なのかな、と。

    • マウントとる書き方やめたほうがいいよ
    • 2019年 1月 23日

    自分が正義
    自分が正しい
    まわりのおっさんプギャーw

    自覚ないんだろうけどマウントとるブログの書き方やめた方がいいよ。
    ゲーム好きなのは分かるけど毎度毎度誰かをこきおろしたり比較排除しちゃう文章なんか楽しくなくない?

    ネガティブコメントされちゃう理由もそこにあると思うよ。
    内容はいいものなんだからもう少しそういうとこ直せばいいのにな、もったいないなと思う。
    このままマウントブログ書式続けてたらあなたのお里がしれちゃう残念なお山の大将扱いされちゃう気がする。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 24日

      素晴らしいコメントをありがとうございます。嬉しいです。
      いえ皮肉で言っているのではなくて、ちゃんと考えて書いてくださっているこのコメントは、決してアンチコメなんかではない。大変ありがたく思います。

      で、「自覚がないんだろうけど」とありましたが、自覚は正直、ものすごーくあります。
      私のお里はともかくw、このブログはそもそもゲームに対する酷評記事やコメントを「いや、そうじゃないでしょ」とマウントを取ることを目的としたブログだからです。

      酷評レビューをする人の声はだいたい大きく、言葉も強い。
      で、インターネットは、そうした酷評が一部の意見にすぎなかったりするのに、あたかもみんながそういう意見であるかのように見えてしまう。

      逆に、発売直後に「面白い」っていうレビューはそんなに増えないんですよ。
      なぜかって、面白くてみんなやってるからw

      で、実際に、そんな一部の意見の影響を受けて一緒に遊ぶ予定だった友人が買うのをやめちゃったりすることが起きちゃったりしているんですよね。(こちらの記事なんかがそうです

      酷評レビューを見てやる気が失せちゃった人が、私の記事を見てやる気を取り戻してくれるような、そうした酷評レビューのカウンターになるようなブログを作りたいと思ったのが、このブログを作ったきっかけなんです。
      だから、自覚的に、意識的に、酷評レビューの声の大きさに負けないぐらいの声の大きさで毎回記事を書いています。

      ですので、いただいたお言葉はとてもありがたく、真摯に受け止めますが、「あなたの記事を読んでこのゲームを買いました。今ハマっています」っていうメールやコメントをたくさんいただいている限りは、私はお言葉通りの、残念なお山の大将であり続けるつもりでおります。

      ただまぁ、今回の記事はそんな中でもだいぶ毒を控えて、マウント取るのも抑え目にしたつもりだったんですけどねw
      何年も待ち続けたものが自分の思っていたものと違って酷評レビューしている人の気持ちは理解できますし、私自身、正直、少しマウント取るのに疲れている部分はあったので。

      また、そういう酷評レビューに対するプレイヤーの信頼度や感覚もこの1年でだいぶ変わってきた感じはするので、少しずつシフトチェンジしていきたいとも思っています。

      あなたのコメント、とても嬉しく思います。
      できればこれからも見守っていただいて、時にはこうした厳しいお言葉をいただけると嬉しいです。

    • lambdadbmal
    • 2019年 1月 24日

    エスコン7のキャンペーンをクリアしたところです。
    大筋でブログの内容に同意いたします。
    ただ、キャンペーンは1つ1つのミッションのゲーム部分が濃いためか、5のようなストーリー部分の掘り下げが少ないかな、とは思いました。もうちょっと主人公をとりまく環境が二転三転しても良かったような気もしてます。
    (そういう意味でも、エスコン3と5は神作!)
    難易度については3以降の作品を全てクリアしている自分からすれば「こんなもんじゃん?」な感じです。3〜5回リトライすればほとんどクリアできますしね。
    (最終面だけは、脱出ポイントどこだよ!!ってなりましたがw)

    この記事でなく他ゲームの記事も面白いですね。これからも頑張ってください。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 24日

      こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      そしてクリアおめでとうございます(^^)/

      たしかにそうですよねーw
      懲罰部隊からの復帰早っ!みたいなw

      難易度についても、記事では「難しい」っていう世間の論評に合わせたのでああ書きましたが、個人的には同感ですw

      他の記事も見てくださってありがとうございます。
      これからもよろしくお願いします(^^)/

    • 月見うどん
    • 2019年 1月 24日

    記事読みました。私が酷評を見て思っていた事そのままを代弁してくれているようでした。ありがとうございます。

    自分もタンクローリーにはほんと、手を焼きましたけども何度も何度もリトライして、最終的には端から攻めて片付け、マップを確認し漏れがないか等、見てクリアしました。
    しかし、苦労はしましたがクリアできない難易度ではなく、努力・把握・考察すれば何ともありませんでしたw
    批判している人は、何でも俺ツエーがしたい、努力や考えたくないなどな気がして…見てられなかったです…

    長々と話してしまいましたが、結論的にエスコン7はいいぞ!空は自由だ!ですかね?w

      • matsuosan
      • 2019年 1月 24日

      こんにちは!
      コメント付きリツイートしてくださった方ですよね?

      コメント&RTありがとうございます!
      夜中のいいお時間にお名前拝見したので、完璧な飯テロでしたwww

      クリアできない難易度かどうかっていう部分は確かに人それぞれなところも多少あるかもしれませんが、今作はそのどれもに解決策が用意されているものに思えて、またそういう方たちが5を神格化しているのもおかしい感じがして、こんな記事を書きました。

      エスコン7最高ですよねw
      よかったら、これからも遊びにきてくださいね。

    • dam
    • 2019年 1月 24日

    ブログ拝見させていただきました。

    無人機云々は各所で聞きますが、「なんだこの変態機動wwwめちゃくちゃだろwww」 などと笑いながらも立ち向かって、空を飛んだりライバルとの戦いを楽しめないAIを今まで培った戦闘技術でねじ伏せるのが今作の「エース」の戦いだったと感じながらプレイしました。

    最終戦のUAV2機との戦闘でも、「ピクシーはもっと殴り合いに来たぞ!黄色の奴らの編隊飛行の足元にも及ばんぞ!」などと過去作品の記憶を遡りながら楽しめました。

    元々AI.VS人間というテーマから無人機による支配に立ち向かうストーリーになるのか?という予想はありましたが、「空を飛ぶ楽しさ」というのを再確認させられました(VRの導入も関係してそうですね)。年老いてなお空で戦い死地にしようとしたミハイとAIとの対比でより鮮明に人間の意地と渇望が浮き彫りになったのもよかったです。

    戦争が無人化するなかかで互いの国のエースたちがぶつかり合うことはナンセンスで時代遅れかもしれません。だからこそ、ある意味現代化した空を再現した今作は今までの空での決闘(自分はよく現代の騎馬戦と呼んでます。)を経験し、求めてきた過去のプレイヤーが今作に物足りなさを感じるのはしょうがないことだと思います。

    それでも今までの過去作品がある意味人々の思い描いたエース達の戦い、非現実的な夢物語であると考えると、今作の「リアル」の要素を取り入れ、現実に既に起こっている空の現状を再現した今作は「エースコンバット」の集大成にふさわしい作品であったと私は言い切れると思います。

    素敵な記事ありがとうございました

      • matsuosan
      • 2019年 1月 24日

      damさん、こんにちは。
      アツいコメントありがとうございます!

      寂しい時って、もちろん寂しいんだけど、より人の思いやりとか、あたたかさみたいなのが感じられるというか。

      本作はなんというかずっと寂しいんだけど、だからこそ5から続く絆が残っていたり、老ミハイとの縁とか、そういうじんわりとした温かさが個人的にとても染みるんですよね。

      人間の意地と渇望。
      おっしゃる通りですね><

      好き嫌いあるかもしれないですけど、私も本作は大好きです。

    • al1
    • 2019年 1月 24日

    初めまして!内容にとても共感しました!1からのファンです!

    とりあえずノーマルクリアした感想なんですけど、ゲーム性は確かに今までと比べて難しいと思いました。でも自分にとっては良い歯ごたえでポジティブに捉えました。そこにシリーズファンで付いていけない人が出てきたのは予想外でしたね。
    記事中でも仰っているように出来ない→出来るようにする!のがこれまでの流れなんじゃないかと。シリーズのどこから入った人だって初めてのトンネルミッションで「は?バカかよ、こんなん出来るわけないじゃん!」とか思ってたんじゃないのかと。それでも達成出来て英雄と呼ばれる喜びを散々味わったからこそファンになったんじゃないかと!ゲームで英雄と呼ばれることに重みを感じるのはホントに自分の技術でクリアするからこそだと思うんですよね。だからそういう人もその楽しさを思い出してまた戻ってきて欲しいですね。

    でもシリーズで今作が初めての人に地上目標+空中戦(+天候)(+時間)とか割とエグくないか?とはやってる最中から正直思ってました笑

    ストーリーは正直少し没入感が足りませんでした。やっぱり20ミッションじゃ少なくてまだまだ語り切れてないと感じました。今までは所属する一つの隊で20ミッションぐらいでしたからね。それよりミッション数多いと冗長になるかもと思ってギュッと縮めたとかありそう。所属だけでもメイジ隊、スペア隊、ストライダー隊とありますし、ソル隊もミハイもコゼットもとなったら多すぎて収まり切らなかったんじゃないかと思います。でもAI対人間の構図とか凄く良かったと思いますし、最後にかけての盛り上がり方は熱かったですし、クリア直後の通信は震えるものがありましたね!え、じゃあ灯台壊してたらこの人どうなってたんだ?とか思いましたけど笑
    この世界の2018年にはディジョンもゼネラルリソースに入隊してますし、2040年も近づいてきてどうやって3の世界に繋がるのかとか、次回作への期待が膨らみます!

    結論としてやっぱりエースコンバットは良いぞ!と言いたいですね!長々とすみませんでした!

      • matsuosan
      • 2019年 1月 24日

      al1さんはじめまして!
      コメントありがとうございます!

      ミッションそうですよねwww
      序盤から継続ミッションぶっこんでくるなぁーと思ってましたw
      個人的には大喜びだったのですがww

      お気づきだかもしれませんが、あの科学者の助手の名前が・・・なのですよね。年齢も同じですしw

      ストーリーはそうですよねー。
      欲を言えば、懲罰隊時代のストーリーがもっと欲しかった!!
      一番人間味のある連中ですから、もっと絡んでほしかったですねーw

      アツいコメントをありがとうございます。
      また遊びにきてくださいね!

    • 生人
    • 2019年 1月 25日

    こんちまたまたあの子のお股♪ACE COMBATかぁ…戦車道でキャッキャウフフしてるオジサンで対応できるかなぁ…

      • matsuosan
      • 2019年 1月 26日

      エースコンバットは空でおじさんたちとキャッキャウフフするゲームなのでたぶん大丈夫だと思いますw

    • 匿名
    • 2019年 1月 26日

    はじめまして。レビュー拝見しました!自分の言いたいことがほとんど文章化されていて、読みながら「そうだよそうだよ」と思わずうなずいてしまいました。

    今作は確かに難易度が上がっていて、機体や特殊兵装の使い分けはもちろん、飛行中の加速・減速やヨーの操作、レーダーの範囲の切り替えなど全てを使いこなしていないと攻略がままならないように感じました。個人的には逆境をねじ伏せている感じがしてすごく楽しかったのですが、あえて悪く言うなら、このめんどくささが低評価の原因の一つになっているように思えます。

    敵エースが少ないのは無人化を推し進めた故に起きた弊害だということがゲーム中で言われていましたが、そう考えると、多くのエースが入り乱れていたZeroは色々な意味で「古い」戦争だったのだなぁ、としみじみ考えてしまいますね。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 27日

      はじめまして!
      コメントありがとうございます。

      めんどくささ、確かにそうなのかもしれませんねー><
      そのめんどくささが我々にとっては面白いんだけどなぁっていうことなのかもしれませんねーw

    • 匿名
    • 2019年 1月 27日

    エースコンバットシリーズはやったことなくて、7をやってみようかどうか迷っていて、色々調べてる中で本記事に辿り着きました。
    批判に対してのあなたの意見はその通り何だと思いました(やったことない人間なんであまり強く言えないですし)が、初心者も安心!って謳っているのが引っ掛かりました。
    覚えゲーだとか、一回マップ覚えたら余裕なはずとか、少し他人をバカにしてるように見えてしまったものでして。特に初心者は最初覚えるのも大変だと思いますし、そもそもマップ配置等を覚える以前に操作も覚束ないでしょうし。操作についてはしっかり説明されてはいましたけど、そこでもちょいちょい他人をバカにしてる節も見える気がします。
    以上の点から本当に初心者も楽しめるのか?初心者が本当にこの記事見て萎縮してしまわないか?と疑問を覚えてしまったのでコメントしました。
    長文失礼しました。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 27日

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      で、ご指摘の件についてですが。
      そもそも、今作がAmazon等でものすごくヒステリックな酷評を受けているという現状は、ご理解いただけているでしょうか。

      本記事はそれをふまえたものです。

      一つ確認ですが、匿名さんのこのご意見は「初心者」としてのご意見なのですか?
      それとも、「初心者ならこう思うだろう」という、「初心者を代弁」したご意見なのでしょうか?

      クソ長い文章なので「ちゃんと読んでもらえるとわかりますが」とは正直言いづらいのですが。
      初心者の方をバカにしているわけではまったくありません。

      ご指摘内容はとても理解できます。
      でも、もし私の記事を見て萎縮する人がいるとすれば、それは単純に「バカにする」云々で肌が合わないというだけで、初心者かどうかは関係ないと思います。

      肌に合わない方に無理に来ていただきたいとは思っていません。
      私の趣味のブログなので、申し訳ないですが合わせるつもりもありません。

      最初に覚えるのが大変なのは誰でも同じです。
      操作がおぼつかないのも当然でしょう。

      ゲームとはそれを楽しむものだと思います。
      そういう記事を書いたつもりです。

      ゲームのその部分を一番大事に思う私がそこをバカにするなどまったくありえません。
      今後もありえません。

      その部分を楽しもうとせずに「難易度が高すぎる!はいクソゲー!★1!買わないほうがいいですよ!!」みたいに大きな声で言われていることをバカにしているのです。
      それについては、今の風潮(酷評レビュー言いたい放題)が変わるまでは、今後も姿勢を変えるつもりはありません。

      なぜなら、「はいクソゲー!!」っ騒ぐ人の声はたいてい大声だからです。
      インターネットは一部の人の意見が全員の意見みたいに見えちゃうので、同じぐらいの大声で言わないと、みんな大声の方を信じちゃう。
      そうしたご時世に思うところがあってこのブログを書いていますので、私はこれからも不当な酷評についてはバカにし続けると思います。

      >初心者も安心!って謳っているのが引っ掛かりました

      謳ってません。

      操作がおぼつかないかもしれない
      マップが覚えられないかもしれない

      でも、それを乗り越えたいと思うから、初心者の方もプレイするぞって思うのではないですか。
      そういう方のための記事を書いたつもりです。

      「私の記事を読めば初心者も安心ですよ」言っているのではなくて、「今作はそうした初心者の方でもきっと乗り越えられますよ! だから安心してください」という意味です。

      そして、そんな初心者の方が、私の記事を見て萎縮するとは思いません。

      だって、「乗り越えたい」と思う方がずっとマップを覚えられないままだとは思わないですから。
      それこそ、初心者をバカにしていることだと私は思います。

      コメントありがとうございました。
      ご指摘内容に反論はさせていただきましたが、とてもありがたく思います。

        • 匿名
        • 2019年 1月 27日

        返信ありがとうございます。自分が勝手に萎縮してしまったのもあってあのようなコメントをしてしまいました、失礼いたしました。

          • matsuosan
          • 2019年 1月 27日

          いえ、私の文章のどこかでそう感じさせてしまったのなら残念です。
          方針を変えるつもりはないですが、以後、本来萎縮しなくていい方が誤解して萎縮しなくて良いように心がけますね( ˘ω˘ )

    • マネー
    • 2019年 1月 27日

    初めまして。マネーと申します。

    PS4は所有していませんので、PCで予約状態です。
    動画は我慢してますが、ネタバレのない記事やツイートなどは結構探してしまっています。
    その過程で、ネガティブな感想が本当に多くて少し滅入っていましたが、この記事で一気に回復しました。
    否定的な感情はよく書かれますが、肯定のものはあまり出てこないので本当に助かりました。
    おかげさまでエスコンは1からZeroまではエースしてきたので、今作もまた楽しみになりました。
    敵機体が無人機だから(敵側の)無線が少ないというのは残念な気がしますが、感想も含めて実際にプレイするまでのお楽しみにとっておけそうです。

    PSVRが出来ないのは残念ですが、まあ、次回作か次々回作くらいで来ると思うのでそれはそれで。

      • matsuosan
      • 2019年 1月 27日

      マネーさんはじめまして、こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      松研は(ゲームに対して)肯定的な記事しか書かないスタンスですのでw、よかったらまた遊びに来てくださいね!
      あ!敵機体はたしかに無人機いっぱいですけど、個人の感想ですが敵側無線は結構おなかいっぱいあった気がしますよw

      回復できてよかったです><
      今作がマネーさんのお気に召しますことを!!

    • セミ
    • 2019年 1月 29日

    ネットでギャーギャー言ってる人はソシャゲのやりすぎかな?本来ゲームはこう有るべきなのに

      • matsuosan
      • 2019年 1月 30日

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      個人的には、ゲームの在り方に「こうあるべき」っていう考え方はしたくないのです。
      ただ、セミさんのおっしゃる通り「こうでなくっちゃ」という思いは正直ありますねw

    • 匿名
    • 2019年 1月 30日

    初めまして普通に面白いと思って楽しんでますが、ネガティブな意見が多くてモヤっとしてましたが、この記事を読んでスッキリしました。
    エスコンはインフィニティ以外やってますが、普通に今作は正当な進化だと思いますね。

    5を持ち上げてる人結構いるみたいですが、ストーリーに関しては(私は7も5も好きです)好みが分かれるのでなんともいえませんが、私個人はストーリー面以外のミッションやゲーム性はシリーズの中では余り好きではない少数派です。AHや6が発売されてからはそっちの方が好きで今でもやってますし、6・AH以前でも4と0の方をよくやってました。
    まあ一周は5やるつもりですが、5が本体とか言ってるひと見るとちゃんと今年やりこんだ・やりこむんだろうなあといいたくなります。。
    5は派生機の機体開放(特にX-02のため好きでもない機体使わざるを得なかったのが)が面倒で嫌だった記憶です。7の機体開放がめんどくさい言ってる人が5持ち上げてるの見るとこれも思い出補正かもしれませんが5の方が辛かったけどなあと思います。

      • matsuosan
      • 2019年 2月 02日

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      私は5も夢中にやったので、どれがどうっていうのはあまりないのですが、「5が最高7はダメ」って言ってる人の指摘内容が「ん、それ5もなんだけど・・・おぼえてないの?」みたいなのが多かったんですよねw
      それがどうしても気になってしまって今回の記事を書きましたw

    • CBA
    • 2019年 2月 01日

    遅ればせながら(付属のエスコン5をクリアしてから7に取り掛かったので)ようやくクリア出来たため
    記事を拝読させていただきました

    いやもう冒頭であるようにエスコン7、最っ高ですよね!
    僕たちのエスコンが返ってきたぁぁぁ!!!って叫びながら時間を忘れて飛んでましたw

    もうね、すべてが最高でしょ?これ
    グラフィックは言うまでもなく、ミッションもストーリーもコレだよコレ!!っていうね!

    テンションダダ上がりのシチュエーションに、飽きさせない(天候を含めた)ギミック
    意外性と納得、鬱憤とカタルシスの流れが見事なストーリー展開
    守護者あるいは破壊者として広範囲を縦横無尽に駆け回る対地戦に
    何処を向いても敵が居る中、鳴りやまぬミサイルアラートを引きちぎって応戦する大空戦
    そして出現する敵エース機との焦れるようなドッグファイト
    (ついでにお約束のトンネルミッションw)
    もうね、最高w 何度でも言えますよ、最高でしょこれ!

    強いて一点だけ残念な所を言えば、松尾さんも触れてらしたように懲罰期間が思いのほか短かった事でしょうか
    (別の言い方をすればその部分を中心に全体であと数ミッション欲しかった)
    一つ一つのミッションのボリュームは大きいので、決して短すぎるとまでは言いませんが
    欲を言えばもう少し逆境を楽しみたかった気はしますw

    とはいえ
    エスコン7には求めていたものそのほとんど全てがあり、またそれ以上のものも沢山ありました
    個人的には100点を付けて良い出来でしたし、今から8を楽しみにも思ってしまう作品でした

      • matsuosan
      • 2019年 2月 02日

      CBAさん、コメントありがとうございます!

      はい、最っ高だと思いますww
      個人的にはCBAさんのおっしゃる通り、求めているものがすべて詰まっていた作品だったと思います。

      DLCとかで懲罰部隊時代をこってり遊べるやつとか出ないかなぁーw
      あとフォトモードも付けてほしい!

    • abcd
    • 2019年 2月 01日

    よくもまあ、こんなつまらないゲームに、これだけの賛辞を書かれましたね。

    もっと面白い、よく作りこまれているフライト作品は、ほかにもたくさんあります。
    Ace Combat 7 は、はっきり言って、駄作です。

    Ace Combat シリーズの最高難度で、Sランク制覇してきたのは、あなただけではありません。
    取り消し線で消しておられますが、他のプレイヤーを馬鹿にするような記載は慎むべきだと思われます。

    それに、一度、何らかの作り手側に回ってみてください。
    「プレイヤーの立場に立ったものづくりをする」という点で、どれだけダメな作品か気付けると思います。

    まあ、蓼食う虫も好き好きですからね。
    この記事はあなたの主観、このコメントは私の主観。

      • matsuosan
      • 2019年 2月 02日

      コメントありがとうございます。
      このブログはあなたがおっしゃる通り、私の「主観」で書かれているので、しょうもないアンチコメを残しておく意味はないのですが、あなたのコメントは松研始まって以来の、あまりに香ばしい内容だったので残しておくことにします。

      >Ace Combat 7 は、はっきり言って、駄作です。

      すいません、最後まで何回か読みなおしたのですが、あなたにとってどこが「駄作」なのかが書かれていないんですよ。

      このコメントは今作が「駄作」であるというあなたの主観が前提のコメントなんですよね?
      なのに、あなたがどう「駄作」だと思ったのかを省略してあれこれ書かれても、あなたが一体何を言いたいのかはあなたにしかわかりませんよ。

      駄作なのはあなたのコメントです。

      せめて「もっと面白い、よく作りこまれているフライト作品は、ほかにもたくさんあります」とあなたが思う作品を一例として挙げるぐらいはしないと、なんの議論にもなりません。
      ただのチラシの裏です。

      そして、ここはチラシの裏ではないので、お家の西友のチラシにでも書いてください。

      そんなわけで。

      「はっきり言って駄作です」

      という言葉だけでよくもまぁ、色々ひり出せたものだとは思いますが、せっかく書いてくださったので1つ1つお答えしていきたいと思います。

      ・Sランク制覇したのは僕(まつおさん)だけではない。他のプレイヤーを馬鹿にするような記載は慎むべきだと思われます。

      Sランク制覇した程度でマウントを取ってるように読めましたか?

      もう一度読んでいただけるとわかると思いますが、「つい最近、経年劣化してかっちかちになったPS2のコントローラーでSランク取るまでやりこんだばっかりだから、5を思い出補正で神格化して「7のミッションはむずかしすぎる!」みたいに言っちゃってる人たちが「5もそこそこ鬼畜だった」ってことを忘れてることがよくわかる」って書いたんですよ。

      つまり、私がSランク制覇云々で誰かをバカにしたりは一切していません。ななめ読みしすぎです。
      そもそもSランク制覇はファンの儀式のようなもので、これを取ったらどうだとか、気にしたことありませんよw

      と、きっちり誤解を解いたうえで一つ聞きたいのですが。

      >慎むべきだと思われます。

      「思われます」ってのはなんですか?
      ワ行五段活用の動詞「思う」の未然形である「思わ」に、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「れる」が付いた形ですよね。

      推測ということでしょうか?

      つまりあなたは思ってないということですか?
      あなたの「主観」とだと言うのなら、その内容がたとえ言いがかりだとしても、ワ行五段活用の動詞「思う」の未然形である「思わ」に、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「れる」が付いた形にしてうやむやにしないでハッキリ主張するべきではないですか。

      >一度、何らかの作り手側に回ってみてください。

      正直、これが一番、唖然としました。

      プライベートなことなので、私が作り手側かどうかについていちいちご説明するつもりはありませんが。

      このコメントの流れで「あなたも何らかの作り手側に回ればわかる」

      とおっしゃることが、一体どういうことか、本当にわかっていますか?

      よく考えてみてください。
      それって、「エースコンバット7ぐらいのゲーム、ワシでも作れる」って言ってるのと同じですよw

      あなたの文面からは正直、そこまでのクオリティのものが作れる作り手さんにはとても思えないですし、もし百歩譲って仮にそうなのだとしたら、こんなところでこんなコメント書いていないで、ゲームであれなんであれ、あなたの思う、エースコンバット7よりも素晴らしいものを作ったらいかがですか?

      せっかくこんなマイナーブログに来てアンチコメントしてくれたので、あなたに教えて差し上げます。

      一流の作り手に必要なことは、ただ1つ。
      作り続けることです。

      他社作品を貶めることではありません。
      他社作品を褒めている人のブログにアンチコメすることでもありません。

      自分の作品に自信があれば、他人の作品をけなす必要はないんですよ。

      そして、そのことをご理解されていない方に「あなたも作り手になればわかる」なんて言われるのはハッキリ言って心外です。

      あなたはまだまだ、作り手を名乗る段階ではない。
      未熟です。

      >まあ、蓼食う虫も好き好きですからね。
      >この記事はあなたの主観、このコメントは私の主観。

      私の「主観」は根拠と裏付け、具体例を一生懸命、1つの記事ごとに気持ちをこめて書いています。

      あなたの「主観」には何一つ根拠も裏付けも具体例もない。
      蓼食う虫も好き好きとおっしゃいましたが、これでは虫さんも食べるところないんじゃないかと思いますよ。

      申し訳ないですが、一緒にしないでいただきたい。

      以上です。

      もしかして、まだお若いんでしょうか?
      色々語りたいお気持ちはわかりますが、それに見合った見識と人生経験が備わってないように思います。

      私は自分の記事に対する反対意見を歓迎します。
      むしろ、いろんな見方、考え方をする人と意見を交わすことをいつも楽しみにしています。

      ですから、もっといろんなことを経験して、それこそ何らかの「作り手」さんなのでしたら、その道をもっと究めて、「自分はこう思う、だからこう主張する」という風にコメントをいただければ、また違ったお返事ができると思います。

      率直に香ばしいコメントだとも思いましたし、色々書きましたが、私なりに誠意をもってお返事したつもりです。
      どうかご立腹なさらず、また遊びに来てくださいね。

    • 匿名
    • 2019年 2月 03日

    ミッション8 は最悪。
    過去にタンクローリーが最後にレーダーに映った場所は表示してほしかった。
    開発側はあれが本当に面白いと思って作ったのか、甚だ疑問。

      • matsuosan
      • 2019年 2月 03日

      タンクローリーの場所は変わらないので、最後にレーダーに映った場所を表示しちゃうとただのタンクローリーをいじめるミッションになってしまいます。

      スクラップクイーンが作る機体もそうですが、無人機など、パイロット不要とさえ思える最先端テクノロジーの時代に、あえて「古い」パイロットとして挑もうというのが本作のテーマだと思います。

      そうした意味で、レーダーや計器に頼らずに砂嵐に潜伏したタンクローリーを破壊していくというのは、ロマンがありますし、ミッションとしてもやりごたえがあって面白いと私は感じましたよ。

      最初はびっくりしますが、地形をしっかり覚えればそんなに難しいステージではないと思います。

    • hanebuta_hige
    • 2019年 2月 03日

    はじめまして、こんにちは。
    落雷、砂嵐、時間制限に打ちのめされた「ZERO大好きおじさん」ですwww
    40代も崖っぷちまで来て、反射速度等の衰えを痛感させられました。
    非常に難易度が高く感じます。
    ミッション8をクリアすることなく、私のエースコンバット人生は終焉を迎える事になりそうです。
    残念で仕方ありません。

      • matsuosan
      • 2019年 2月 03日

      こんにちは。
      先輩パイロットさんとお話できるとは!光栄ですw

      落雷、砂嵐に関しては、反射速度は関係ありません。
      時間制限もミッション8に関しては配置を覚えるのと、早い機体を使う(お金を稼ぐ)ことで対応できます。

      記事でも書きましたが、お金を稼ぐ方法はいくつかありますので、歴戦の強者である先輩であれば必ずや突破できることと信じております。

      若輩パイロットにはない、老練な狡猾さで突破していただきたいと思います。

      ここにコメントいただいたのも何かのご縁ですし、もう一度操縦桿を握ってみてください(^^)/

    • なつめ
    • 2019年 2月 04日

    初めまして。シリーズは6しかやったことがありませんが、今回7を購入してプレイしてきました。
    個人的には最高に面白かったです!お話もシステムも音楽もとても満足しました。
    あと6の時も感じましたが次世代機で描画される風景にはすっかり魅了されました。
    懲罰部隊の面々やソル隊などのパイロット達が織り成す無線もとても楽しく(大体初回プレイ時には余裕がなくて聞き漏らしたりもしてましたが)聞いて初めて6をプレイした10年前に戻ったような興奮を覚えました。
    難易度に関しては自分が下手だったのもありますがチェックポイントまで辿り着ければ途中からリトライできるのでまだ優しい方だと思っていました(勝手に)。大好きなSu-47(前向きの翼がとてもカッコイイ!)にどのミッションだろうと乗って行ったのであまり戦略的に遊べてはいなかったのですが、「一応シリーズ経験者だし・・・?」と意地のノーマルクリアでした。何度カウントさんに「トリガーが墜落した!!」と言われたことか。

    今は早期特典の5に手を付け始めた所です。7でエイブリルさんが言っていた「前の戦争」が舞台のお話ということで、どういう点が7に繋がっているのかよく見ながら楽しみたいと思います。

      • matsuosan
      • 2019年 2月 05日

      なつめさんはじめまして!
      Su-47いいですよねwwロマンありますよねーwww

      クリアおつかれさまでした。
      そうなんですよね。私もチェックポイントの配置的に結構優しめだなーと思いました。

      なつめさんがこれからプレイされる5はチェックポイントの配置が鬼畜なので、ご武運をお祈りしておりますww
      あと、5をプレイされてから7を再プレイされると、色々わかる部分も出てきて楽しめると思います!!

    • 生涯現役
    • 2019年 2月 05日

    内容を拝見しました。概ね同じ意見です。
    キャンペーンをクリアし感想としては、対地ミッションが多かったと感じました。
    ですが、そもそも戦争の多くは地上戦か海上戦で空戦とは、それらを上空から支援する者のぶつかり合いです。
    友軍地上部隊を支援し進軍を円滑にしたり、水上艦艇の支援に重点がいってしまうのもリアルな戦場を再現しようとしたからでしょう。
    過去にミリタリーな仕事をしていた時がありましたが、上空から支援する航空機の存在がどんなに心強いか。
    04、5、ZERO、6と過去作においても地上部隊の歓声と怒号の中を飛んでいたと思います。
    確かに、空戦による爽快感は薄くなってしまったかもしれませんが、味方上空を守護者として君臨する一つのエースの形を楽しめるいい作品だと思います。

      • matsuosan
      • 2019年 2月 05日

      おお、ミリタリー経験者の方がいらっしゃるとはw

      そうなんですよねーw
      私はミリタリー経験者ではありませんが、大戦略シリーズやセガサターンの「ワールドアドバンスドウォー 千年帝国の興亡」のドイツ第三帝国で、「空軍で制圧、戦車で前進、機械化歩兵で占領」という電撃戦のセオリーがこの身に刻まれておりますので、空軍の一部となって地上部隊の航空支援をする展開は胸アツだったりします。

      でも本当は50ぐらいミッションやりたいなぁw
      コメントありがとうございました!

    • 王女のファン
    • 2019年 2月 13日

    エースコンバット7を皆さんどんな印象なのか知りたくてココにたどり着きました。

    私的には
    ストーリーがアッサリ風味で難易度も簡単すぎてつまらない。でした
    煽りではなく、機体性能も有るでしょうが難易度ACEの一周目でSランク取れなかったの3ミッションだけでしたし

    歴代ファンとしては
    画面の解像度が上がった事で敵機の動きが分かりやすい事が簡単になった原因かと、
    ボスUAV以外はロールしてからピッチアップで旋回するのでロール段階でどっちに曲がるか丸わかりですし。
    低解像度故に敵機の動きが読みづらい5の方が圧倒的に難しかった…

      • matsuosan
      • 2019年 2月 13日

      こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      >難易度ACEの一周目でSランク取れなかったの3ミッションだけでしたし

      あなたの感覚ではおそらくこの世のほとんどのゲームが簡単すぎてつまらないのではないかと思われますw

      私からは以上ですwww

    • トリガー
    • 2019年 2月 13日

    キャンペーンモード終了時に心地よい達成感があった7。「最高の空だった!発売を楽しみにしていたエース達もきっと盛り上がっている頃だろう!」とAmazonやネットのレビューを覗きに行ったら愕然としました。開発陣の熱意に焼かれるかのような刺激に満ちた空だったのにまさかそれが逆に受け入れられていないなんてと…。私も「まさにエースの為の空だったじゃないか」とどこぞに書き込みました。同じ気持ちの方の記事を読めてホッとしました。8番目の空も待ち遠しいですね。

      • matsuosan
      • 2019年 2月 13日

      こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      そうなんですよねーw
      クリアした後の自分の温度感と、Amazon等の温度差がありすぎてビックリしたのが、この記事を書いたきっかけでした。

      でもこうして、コメントやTwitterでたくさんの方から共感のメッセージをいただけて、実際の「声」がたくさんあるということを証明できましたw

      そのことをとても嬉しく思います( ˘ω˘ )

      待ち遠しいですねーw
      また何年も待たされるのかしらwww

    • ペコ
    • 2019年 2月 15日

    やっとクリアしましたー、やっぱり楽しかったですね。まつおさんが学んできた先人の失敗例を知りたいです。あと、ZEROはお嫌いですか?

      • matsuosan
      • 2019年 2月 16日

      こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      失敗例、そうですね。

      女子は謝らないし、万が一謝っても絶対自分が悪いと思ってないので、ケンカしたときは絶対こっちから謝った方がいい、とかですかねーw

      エスコンシリーズは全作好きですよ!!

    • 撃墜(され)王
    • 2019年 2月 20日

    話が長い・・・!? 初見ですけど確かに話が長かったw
    しかし言いたいことは分かりましたよ、ええ。
    つまり、ファミコソ版ロックマン1をやれ、と。
    自分はファミコソ時代のク・・・難ゲーをたっぷり経験してるので難しいのは平気。
    でも、時間制限だけは絶対に許さぬ!! リアル歌うなら15分制限なんて戦場ないでしょうが!と言いたい。
    でもでもそれでもコントローラーを手放さぬ自分はきっともう駄目な脳みそであります。
    あと自分もそうですけど、なろう系、特に洗脳でもしてるのかというレベルのハーレム系が嫌いなのはおっさんの証拠ですよ?w

      • matsuosan
      • 2019年 2月 20日

      こんにちは!
      コメントありがとうございます(o˘◡˘o)

      15分という時間単位はともかく、作戦時間というのは常に設定してあると思いますので、個人的にはむしろリアルに感じましたw

      ところで、おっさんであることを特に否定はしませんが、なろう系やハーレム系は別に嫌いではありませんよw

      • sakuya3017
      • 2019年 5月 21日

      割り込み失礼します。

      今も昔も戦闘機の最大の問題は航続距離です。
      太平洋戦争では長い時間を飛んで行って3分だけで勝負を決めてして帰路につかなければ味方の基地まで戻れないということもあったと聞きます。
      最近では空中給油機などがいますが、それが使えるのも戦闘区域外で、ラインを踏めば無人機がたちまちやって来る中での空中給油は非常に制限がかかると思います。
      なのでたった15分しか戦闘できないのもあり得るのでは無いでしょうか?

        • matsuosan
        • 2019年 5月 21日

        おっしゃる通りですね。
        当時最強だったドイツ空軍が壊滅的な打撃を受け、その後の敗戦を確定的にしたバトルオブブリテンも、ゲーリング国家元帥が当時の主力戦闘機であるメッサーシュミットbf109の航続距離を見誤ったことにあったと思います。

        現代戦における局地戦闘機の航続距離がどれほどなのかは知りませんが、どんな任務でも作戦時間というのは必ず設定されるものなので、少なくとも私は違和感なかったですね(o˘◡˘o)

    • 匿名
    • 2019年 2月 21日

    難易度エースでも地面との衝突が浅ければ墜落は防げるし
    ダメージ回復パーツもあるし最高難易度でも割とヌルいバランスで楽しめる
    今まで最低難易度でばかりやってましたが今作で遂に最高難易度の世界に足を踏み入れましたが
    割と何とかなりそうな感があります

      • matsuosan
      • 2019年 2月 26日

      こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      そうなんですよねーw
      ミッション自体はたしかに骨太なんですが、けっこう色々なところで救済措置がある。

      ヌルいとまでは思いませんでしたが、正直、個人的な感覚としては、これまでのシリーズの中ではラクな方だと思っています。

    • おばさん
    • 2019年 2月 24日

    初めてブログを読ませて頂きました。ネットではAC7の否定的なコメントが多く、楽しいと思った自分の感覚が鈍いのかな?としょんぼり(でも、否定的な感想になるのも分かります)しておりましたが、ここの考察には共感することが多く、ホッとしました。私はACは3から0まで遊んでおり、シリーズが出る度に少し難しく感じるのは、ゲーム内の世界の描写力が格段と上がり、操作に誤魔化しが効かなくなるからかな?と個人的には思っています。でも慣れれば、こんな下手の横好きなおばさんでもクリア出来ましたし、何度もトライするのが、このゲームの醍醐味かな?と思います。PS4を持ってなかったので、中古で購入しプレイしたのですが、コントローラに癖がついていて、勝手に右にヨーする始末。30回はトンネルとぶつかって泣く泣くボタン配置を変えクリアしました。PS2のガチガチのコントローラ、、、よく頑張りましたね☆5も大好きです。未だにサントラ聴いてます。

      • matsuosan
      • 2019年 2月 26日

      はじめまして、こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      30回トンネル、わかりますよー><
      上手いとか下手とかじゃなくて、経験値とかでもなくて、何度もトライする先の自分の「成長」を感じられるのが、エスコンの大きな魅力の一つなんじゃないかな、と思っています。

      ps2のガチガチコントローラーでのエスコン5、大変でしたがすごく面白かったですよw

      「うおおおおまがれー!!」って本当に叫んでましたw

      初めてブログを見に来てくださってありがとうございます。
      ベテラン女性パイロットさんに来てくださって光栄ですw

      よかったら、また遊びに来てくださいね。

    • 匿名
    • 2019年 3月 03日

    今作から始めた初心者です。今日やっとクリアしました。
    記事とコメント読んだんですけど、やっぱり経験者が圧倒的に多いですね。やっぱりとっつきにくいのかな。

    前作以前の経験が全くない自分ですが、エスコン7充分楽しめましたよ。最初はできなかったことができるようになって上手いこと機体を操作できたと感じた時には、やった!って気分になりますね。

    ただ、不満も多いです。操作の複雑さや、ゲーム性に関しては人それぞれというか、それがこのゲームのコンセプトの一つでもあると思うので構わないんですが、ゲームしててえーと思う場面も多々ありました。

    ボリュームが足りずストーリーがあっさりしてる所とか、対地戦闘多すぎでストレス溜まるとことか、一つのミッションでやること多すぎな所とかです。せっかく戦闘機を操作して戦うゲーム、しかもエースと銘打ってるのだから、敵エースとがっつりドッグファイトするステージがもっとあってもいいと思います。

    もうちょいなんとかならなかったのかな~と思いますね。まぁ記事にもあったように、スタッフのエスコン作りたい熱が暴走したんだなーってところなんでしょうね。

    VR対応ミッションとオンライン対戦モード作るのにかなりの労力をかけたみたいなので、仕方ないのかもしれませんが・・・。

    でもあんまり期待せずにゲオのポイントが余ったので買ってみたのですが、今では購入してよかったと思ってます。
    プレステVRの購入を決意するくらいにはファンになりました。(さよなら三万円~www)

    いろんなところで、古参のひとたちがいろんな意見をいっているのを見てコメントさせてもらったのですが、初心者の自分が言いたいことはたった一つです。

    やっぱり、砂嵐とラストミッションはクソ。

      • matsuosan
      • 2019年 3月 03日

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      そして、クリアおつかれさまでした( ˘ω˘ )

      対地戦闘多かったですねーw
      ラストミッション、5の頃はトンネル途中のリスタートすらできなくて本当に心が折れそうになったので、あれでもマシになったんですよ!ということだけは、古参として言わせてくださいw

      私も近いうちにVR、参戦したいと思います!!

      • Curly
      • 2019年 4月 06日

       6から始めて、5はやったことないですが、6が楽しすぎて7を予約したもうすぐ還暦パイロットです。砂嵐は私も泣きそうになりましたが、発想を変えて特殊兵装を変えたらとたん楽勝になりました。また、ラストミッションも狭い中のラスボス撃墜に絞った装備で・・・・脱出には何回も失敗しましたが、途中のポイントからやり直せるので割と楽でした。出来なければ装備などをも工夫するのがこのゲームの楽しみでもあると思います。
       VRは・・・・、欲を言えば・・・・、全ミッションVRで、マルチもVRで出来たら最高を通り越して信者になったと思います。

        • matsuosan
        • 2019年 4月 11日

        Curlyさん、こんにちは。
        コメントありがとうございます。

        全ミッションVRはアツいですねーwwwいつか出してくれないかなーw

    • おっさん
    • 2019年 3月 04日

    お疲れ様です

    今作のオールSクリアなんてEASYから諦めているロートルですが、同梱のAC5は今でもACEオールSできました。
    これ本当に難しくなってるんですよ。それに対して「じゃあやるな」は上級者にありがちな酷い暴言だと思います。

    上手い人は勝手に上を目指しつつ、初心者でもVERY EASYで転がせばシナリオ完了できたのがAC5のバランスの良さでした。
    基本技術のチュートリアルもありましたし、そこから始めてランクアップした人もいると思います。
    そういう救済ルートの無い中でこの難易度は、途中で投げ出す人が出てもおかしくありません。

    腕自慢しつつ脱落者を嗤うのはみっともないです。

      • matsuosan
      • 2019年 3月 05日

      ん?
      ちょっとよくわからないんですが、今作のクリア自体はされたんですか?

      AC5をACEオールSでリアルタイムにクリアできる方が今作をクリアできないというのは、ちょっと考えにくいと思うんですが、VERY EASYでもクリアが難しいというお話ですか?それともオールSクリアが難しいとおっしゃっているんですか?

      もし前者であれば、AC5のACEオールSで現役クリアできる人で本作をEASYでもクリアできないというような方はごく一部であると思いますので、正直共感はしがたいです。

      後者であれば、そもそもSランククリアというのはチャレンジですので、クリアされるもされないもご自由だと思います。

      そもそも、「じゃあやるな」なんて私は記事内で一言も書いてないと思うんですけど、書いてもいないことを暴言だっていうあなたのほうが暴言ではないですか?

      難易度をどう感じるかは人それぞれだと思いますが、

      >救済ルートの無い中で

      至る所に用意されているチェックポイントや弾数が0になっても一定時間経過で自動補充されるところ、補給場所の存在、地面と接触しても死なない、おまけに機体や装備はいつでも買い替え可能など、5とくらべてずいぶんと「救済ルート」はあったんじゃないかと思います。

      >腕自慢しつつ脱落者を嗤うのはみっともないです。

      ほら。
      暴言を吐いているのはあなたの方ですよw

      脱落者を嗤ってなどない。

      「もう一度コックピットに戻って、操縦桿を握りましょう」

      と私は呼び掛けているではないですか。
      私が嗤っているとすれば、それは理不尽な酷評をされている方に対してです。

      >途中で投げ出す人が出てもおかしくありません

      これもよくわからないんですが、「おかしくありません」ということは、あなたは脱落してないということですか?

      「自分は脱落してないんだけど、そういう人もいるかもよ?」

      っていう「代弁」ですか?
      脱落者の代表として語られていたのではなかったのですか。

      事実無根の言いがかりをつけて、主張内容は代弁。
      みっともないのはあなたの方ではありませんか。

      せっかく議論を交わすのなら、代弁ではなく、ご自身の言葉で話し合いましょう。
      卑屈な暴言も必要ありません。

    • アキ
    • 2019年 3月 14日

    初めまして、中学生(だったかな?)の頃にメビウス1となり
    そこからブレイズ、サイファー、グリフィス1、タリズマン
    アンタレス、ウォーウルフ1、リーパーと転生を繰り返し
    そして今年、トリガーとして転生しましたアキと申します(長い)

    初見プレイでは、画面に表示される情報量が多過ぎて
    ストーリーも『あれ?結局どうなったの?』と
    消化不良気味でしたが、メダル獲得のために
    何度もプレイするにつれて字幕を見る余裕も徐々に生まれ
    まだ完全とは言えませんが、大体は理解できました

    まつおさんの仰る通り、『砂嵐』はともかく
    落雷や気流といった気象は個人的に大好きです
    まぁ、落雷→機首下げ→岩肌ドーンのコンボは
    もう見たくありませんが…w
    雲に入ると、今までのエスコンには無かった
    『方向感覚の喪失』を味わえるのもよかったです
    雲を抜けたその先は空なのか地面なのか
    初見プレイ時は常にドキドキしてました(L1+R1使え)

    機銃が弱いという意見も見たことがありますが
    その人は6しかプレイしてないんですかね?
    他の作品では結構バシバシ当てないと
    機銃オンリーで撃墜は大変だったと思いますが…

    懲罰部隊の期間が短いとか気化爆弾がない(重要)とか
    不満点が全く無いわけではありませんが
    それらを差し引いても最高のエースコンバットです

    最後に、まつおさんが好きな特殊兵装は何でしょうか?
    ちなみに自分はEMLとPLSLです

    長々と失礼いたしました

      • matsuosan
      • 2019年 4月 11日

      アキさんはじめまして!
      お返事遅くなってしまってすいません><

      機銃、私も弱いとは思いませんでした。
      過去作品でミサイルが完全になくなって機銃オンリーでクリアせざるを得ない状況に何度か追い込まれたことのある僕としては、なくなって数秒したら補充される今作はなんてあたたかいんだと思いましたw

      僕は昔からロケット系の特殊兵装が好きですw

      アツいコメント、ありがとうございますw
      また遊びにきてくださいね( ˘ω˘ )

    • おじさん
    • 2019年 4月 17日

    完全に同感な40代です。下手になったなぁ、てか元々上手くもなかったかなとか自分を振り返りつつ楽しみました。他人の文句ばかりで自分を振り返れない人、自分も苦手です。周りを見てそう言う大人になりたくないと言っていた自分達のはずがいつしかそういう事を言う側になっていたのかと思い違う意味で感慨深いものがあります、おじさんとしては。

      • matsuosan
      • 2019年 4月 17日

      こんにちは。
      コメントありがとうございます(人´エ`*)♪

      エスコンの醍醐味は、自身の成長を感じられた瞬間だと個人的には思っています。

      そこが楽しめるのなら、おじさんもジジイも関係ないと僕は思います(o˘◡˘o)

        • おじさん
        • 2019年 4月 18日

        仰る通りですね。折角こんなに楽しい家庭用ゲーム機という素晴らしい趣味となり得る娯楽のある時代に生まれた訳なので楽しまなければ損だなぁと思いますよね。これからも色々と拝読させて頂きます。コメント頂きありがとうございました。又いずれかのゲームのいずれかの舞台にてご一緒出来る事を楽しみにしております。

    • sakuya3017
    • 2019年 5月 21日

    素晴らしいレビューでした!(長くて攻略の部分読み飛ばしてしまいましたがw)
    自分もエースコンバット7は大好きです。むしろ資金に制限がある分5の方が難しいなと思いましたが(5も凄く面白かったです。)

    あと少し意義があります!対艦戦闘にはEMLを推したい!
    EMLならミサイルと違ってCIWSに撃ち落とされることは無いし。射程が長いのでアウトレンジから一撃で駆逐艦クラスならワンパンです!そして弾数が多い!空戦にも使える!よって自分はEMLを選びます!

      • matsuosan
      • 2019年 5月 21日

      はじめまして!
      コメントありがとうございます(o˘◡˘o)

      わははwwwミッションにもよるとは思うのですが、ミッション11に限って言うならば、私は断固としてLACM推しですw

      10000m以内9000m以外のレンジからCIWSなどを標的にぶち込めば、周りも巻き込んで海上プラットフォームを一瞬で焼け野原にできます。

      このゲーム、こういう論議ができるのも楽しいですよねw

    • 南十字星
    • 2019年 6月 06日

    なんとなく本作がどのように評価されてるのか気になりこの記事に辿り着きました。

    確かに雲や雷などによる視界不良や不安定さ、HUD不良なども、リアリティによる娯楽性の阻害だという意見も分からなくはないけれど、それ自体は空(自然)の怖さを表現するという意味で好意的に受け取りました。

    本作の失敗の一つは難易度だと思います。確かにツリーを進めて良い機体を買ってリスタートしたり、覚えゲーな部分を覚えてしまえば楽になりますし、そうやってクリアしてきた者の矜持として下手にヌルくされるのも釈然としないというのも同意したいところですが、コレをシリーズ初プレイの人がやったら発狂するだろうなと感じたのも事実なんですよね。

    難しいステージが難しい要因が敵の挙動ではなくステージギミックであるため、難易度を下げたところで緩和にならない。個人的には開き直って、難易度イージーなら雷食らっても瞬時にHUD回復するとか、そもそも雲が無いとか、セリフとの整合性はおかしくなるけど明らかに優しい作りにしても良かったのでは?と思います。それこそ時代に合わせて。

    あとは無人機の弊害で、味方サイドは色々と騒がしいが敵は無人機が多くリアクションに乏しいのも寂しかったですね。M11が評判良いのも敵が有人基地なのでリアクションがあるのも大きいと思うんですよ。
    主人公を持ち上げてくれる味方の存在と恐れおののく敵のリアクションこそエースコンバットの醍醐味なのに、弾数や時間の制限が厳しい事により、戦力にならん味方にマンセーしてくれるのは良いがちょっとは気合入れて交戦してくれよ!と言いたくなるし、無人機の挙動は異次元過ぎ。「運動会で大活躍してクラス中から拍手喝采」というのが過去からのエースコンバットだとするならば、今作は「他のクラスメイトがロクに働かない中で、一人必死で掃除当番やってる」というのが感覚として近かったというのが、個人的な感想です。

    確かに、「リアルな戦闘機をゲームライクに操り凄腕のパイロットとして厳しい戦局を単騎覆していく」というエースコンバットの醍醐味が全く感じられない訳ではないし、やっぱりエースコンバットは楽しいなと感じてるのでクソ呼ばわりはツライのですが、もうちょい何とかならんかった?っていう思いがあるのも否めない。

    上手く言えないんですが、そんな感想を書き殴ってしまいました。随分前のエントリーなのにすみません。

      • matsuosan
      • 2019年 6月 09日

      こんにちは。
      南十字星さんのご感想はとても理解できます!

      ただ、2つだけ。

      子供の頃に「子供向け」っていうものをやらされるのが大嫌いで、「これは子供には難しいだろう」って言われるものを好んできた身としては、「コレをシリーズ初プレイの人がやったら発狂するだろうな」っていう部分については、本当にシリーズ初プレイの人だけが持つべき感想じゃないかなとは思います。

      あと、ハクスラのように周回でプレイ体験が変わることを前提に設計されている作品ではないので、難易度で雷食らった時の挙動や雲がないっていうのは微妙じゃないかなぁと思います。同じ作品をプレイしたのに、今回の醍醐味の1つであるそこを体験している・していないがあるのは個人的に寂しい感じがします。

      この2つ以外は、とても理解できます。
      無人機を扱う弊害かもしれませんが、本作には最初から最後まで「寂しさ」が付きまとう。

      私はそれを「テイスト」として受け止めましたし、だからこそラストシーンが引き立つんだとも思っていますが、そうじゃないと感じる人もいらっしゃるのでしょうね。

      コメントありがとうございます( ˘ω˘ )

    • 匿名
    • 2019年 6月 08日

    こんにちは。
    エースコンバットは2、3、4、5、7とやってきましたが、今回も面白かったですね。
    ただ全体的に難しいと感じたのは確かかもしれません。
    それでもミッション19、20あたりの雲や空の綺麗さ。
    息を持つかせぬボス戦など、とても楽しかったです。
    あとブログの面白さでも笑わせていただきありがとうございました。

      • matsuosan
      • 2019年 6月 09日

      こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      面白かったですねー><
      欲を言えば、もっとあの世界に没入していたかった!!
      個人的にはミッション50くらい欲しかったw

      ブログや動画で笑ってもらえるのが一番の幸せです。
      こちらこそありがとうございます( ˘ω˘ )

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【大炎上】それでも僕がDOA6をオススメする理由【しかし最高傑作】
  2. 【みんなやろうぜ】格ゲーは上級者だけのものではない【まつおコラム】
  3. 松研Radioはじめました!
  4. 【大型アプデ】やるなら今しかねぇ!!ディビジョン2(Division2)!!【タ…
  5. 【ヤバい】VR揃えるの大変だけどエスコン7好きな人は絶対揃えた方がいい【マジでヤ…

特集記事

PAGE TOP