注目の記事 PICK UP!

【侍道外伝 KATANAKAMI】Diabloとシレン足した侍ゲーってそんなもん面白いに決まっとるがな【地味だけどね】

こんにちは。
まつおさんです。

久しぶりに二日連続で記事を書いてみました(*´з`)

って言っても、今回は短めなんですけどね。(早く伝えたくて!!)

 

みんな、まずは見てくれ!!!

↑この、年末にPS5が出るPS4後期の年である2020年とは思えない、きったねぇグラフィックと古臭いUIをとくと見てくれwwww

だが、これでいいんです。

ハクスラとシレンが混ざった侍アクションというゲームをどっぷり楽しむのに、美麗なグラフィックなど邪魔なだけなのです!!!

 

そう、今回オススメしたいゲームは、

「侍道外伝 KATANAKAMI」

です。

アクワイアの「侍道」シリーズのスピンオフ作品・・・と言ってピンとこないおじさんには、

あの天誅シリーズを作った会社だと言えばわかる人もいるかもしれません。

 

まぁでもね、そんなの何もわかんなくていいの!!!

 

このゲームは、一言で言うと、

「シレンみたいなダンジョンにこもって素材集めて武器作ったり敵から強い武器拾ったりクエストをクリアしたりしつつ、鍛冶屋を経営するゲーム」

 

です!!

もうこう聞いただけで、一部の人は、「あ、それ絶対おもろいやつやん」って思うハズです。

それが新作でAmazonで3000円代で売っているんですよ。

 

 

そんなわけで、また!!

 

 

いや、冗談ですけどwwww

これ以上記事書かなくてもいいぐらい、個人的には迷う余地ないと思うんですよねw

借金のカタにさらわれた鍛冶屋のオヤジの娘を助ける、お人よしの侍が主人公

主人公。アクワイアのゲームだけあって、見た目は結構自由にカスタマイズできますよ!

↑この風来坊の主人公が、偶然、鍛冶屋のオヤジが借金のカタで娘を連れていかれるところに居合わせたところからゲームは始まります。

鍛冶屋のオヤジ。控えめにいってクズwww

娘。かわいそうな女の子かと思えば、なかなかしたたか。そしてかわいい。

で、この侍が、

刀の注文を受けたり

鍛冶屋のオヤジを働かせて刀を作らせたりしつつ、

ダンジョンで素材を集めたりして、

 

娘を助けるための借金を返済していく。

 

でもね?

時代はすでに明治時代。

維新の嵐が吹き荒れ、刀の時代は終わりを告げようとしているのです。

普通にやってても売れないんですよ、刀なんてwwww

だから借金抱えてるんだもんねw

 

そこで、利用するのがこの辺りを仕切っている3つの勢力。

たいしていざこざも起こってないこの3つの勢力の均衡を崩すことで紛争を起こさせ、たくさんの刀が必要とされるように誘導していくという、じつにエグい立ち回りができるのです。

特定勢力への納品を少なくして、特定勢力に肩入れして・・・。

そういうことをしていくと、徐々に勢力図が変わったり、起こるはずのない衝突が起こったり、また、その火の粉がこちらに降りかかってくることもある。

 

ハクスラ(Diabloみたいなやつ)やローグライク(シレンみたいなやつ)って、基本ループじゃないですか。

なんども籠って、同じことの繰り返しを楽しむゲーム。

でも、プレイヤーの行動によってこの勢力図が変化して、地域の状況が変わっていくというのは、実に刺激的な要素ですよね。

 

最初は鍛冶屋しかいないこの地域にも、出店なんかが出はじめる

 

マルチプレイがなかなか面白い

マルチプレイをオンにしていると、他のプレイヤーとダンジョンで出会うことがあります。

共闘することもできますし、逆に戦うこともできます。

(そういうのがヤだなって人はオフラインでも遊べます!!)

 

こんな感じです。

 


 

ちゃんと、敵対行動をとるときには、事前に挨拶をしなくてはならない(マークが出る)ので、いきなり何もわからないうちに殺されるようなことはありません。

 

マルチプレイの設定をオンにすると、他プレイヤーがリアルタイムで操作する同期型、もしくは他プレイヤーの主人公データをAIが操作する非同期型のいずれかとランダムで繋がります。マルチプレイでは、シンボルチャットで「協力」「勝負」の意思表示をできますが、シンボルチャットはいつでも変更できるため、いつ裏切られるか分からない緊張感をお楽しみいただけます。(4gamersさんより抜粋)

なのだそうです。

なんていうかこう、適度な緊張感があっていい感じですよね。

 

アクワイヤならではの演出が楽しい

借金のカタでさらわれて、きっとかわいそうな思いをしていると思っていた鍛冶屋の娘が、

こんな連載を始めて、差し入れがたくさん集まってくるようになったりw

 

僕が贈った差し入れの品評を送ってくれたりwww

 

自分の名前で新聞に載ったりw

 

なんというかこう、ハクスラのようなループ性の高いゲームって、めちゃくちゃ面白いんだけど、ずーっと遊んでいると自分がシステムの一部になったかのような感覚になる瞬間があると思うんですよね。

 

でも、そういう時にこういう演出があったりすると、なんていうかこう、自分がその世界の一員になっているような感覚になって、よりゲームが楽しめるようになるというか。

アクワイアのゲームって、そういうのがいつも上手だなぁと思います。

 

 

どうですか?!

ちょっとやりたくなってきたでしょう?w

 

3000円代ですよ?!みなさん!!!(ジャパ〇ットたかた社長の「DVDコンボドライブですよ?!みなさん!!」っていう感じで)

僕はまたTwitterでちょこちょこプレイレポートしていきたいと思いますw

いやぁ、ハクスラって、本当にいいもんですよね。

そんなわけで、また!!

 

関連記事

  1. 体験版の時点で神ゲーでした!! モンスターハンターワールド【モンスターハンターワールド日記⓪】

  2. 【謹賀新年】FPS初心者は今すぐCoDMWをやろう、今すぐ!!NOW!!【実は神ゲー】

  3. 【新放置車両MAP付き】ニードフォースピードペイバックに神アプデ実装!!【Need for Spee…

  4. 【大炎上】それでも僕がDOA6をオススメする理由【しかし最高傑作】

  5. 【ネタバレ有】Hidden Agenda -死刑執行まで48時間ー 初見プレイ日記 その2

  6. 新年おめでとうございます!!!

  7. 今からはじめるドラクエ10【松研視点】

  8. あけましておめでとうございます!!

  9. 松研流!! 初心者がモンスターハンターワールドを300%楽しむ方法【MHW日記③】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. おそらく世界中の人が過小評価しているFF7Rという神ゲーについて(FF7REMA…
  2. 【侍道外伝 KATANAKAMI】Diabloとシレン足した侍ゲーってそんなもん…
  3. 【Switch最強アイテム】純正ドックの10分の1サイズで同等性能!! GENK…
  4. 【謹賀新年】FPS初心者は今すぐCoDMWをやろう、今すぐ!!NOW!!【実は神…
  5. 「なんで自分は、こんなにつらい思いをしてまでゲームしてるんだろ」って思った時の話…
PAGE TOP