注目の記事 PICK UP!

松研流! ニード・フォー・スピード ペイバックを200%楽しむ方法!【Need for Speed Payback日記②】

 

こんにちは!
まつおさんです。

前回の日記ではちょっと言いたいことを言いきってしまったので多少腹をくくっていたのですが、コメントやTwitter、メールなどで賛同のお言葉をたくさんいただき、すごく嬉しかったです。

 

本作をプレイしてどう感じるかは人それぞれだとは思いますが、せめて、ネットでの理不尽な理由での酷評で不安になった方がググってるうちに松研にたどり着いて、

「あ、こんな奴もいるんだwww」

 

って判断の一助になってもらえればいいなぁ、と思っています。

 

実は、松研。

アサシンクリードオリジンズの検索でいらっしゃる方がすごく多いのですが、前回の記事以降、それに負けない勢いで本作絡みでいらっしゃる方が増えていて、正直驚いています。

そして、皆さん、お気づきでしょうか。

時期を同じくして、Amazon等、世間での本作の好評価がじわじわ上がってきております。

 

 

で、まぁ。

 

こういう奴はおいておいて。

 

 

あ、これは関係なかった

 

もしかしたら、こういう人の一部は救えるかもしれない。

 

ゲームというものは感性で楽しむものですから、単純に肌の合わない人もいるでしょう。

でも、そうじゃなくて、ただ楽しみ方が下手な人もいるかもしれない。

 

面白いけどクセがある? いやいや、クセがあるから面白いニードフォースピードペイバック!!

というわけで今回は、「松研流、今回のNFSを200%楽しむ方法」をレクチャーしたいと思います!!

 

 

松研が推奨するNFSプレイスタイル
1.まずはデイリーのチェック

 

まず、NFSを立ち上げて最初にするのは、朝起きて新聞を読むように、デイリーチャレンジのチェックをすることですね。

デイリーではたとえば「AUTOLOGの推奨タイムを3回追い抜け」みたいな、その日のチャレンジのお題が表示されています。

報酬は「シップメント」という装飾アイテムやゲーム内マネー、パーツチケットが入った福袋みたいなもの(要するにガチャ)なので、かなりお得です。

ざっと条件を見ておいて、その日のプレイでなるべく意識して条件を達成するようにします。

特にこのゲームのパーツは店売りのものは微妙なことが多く、レース報酬かパーツチケット3枚と交換で出るやつの方が比較的いいものが出やすい(体感で全然違います)です。

マシンがこのぐらい育ってくると、店売りのラインナップもこのぐらいにはなりますけど、ご覧の通りボーナスが少ないですね。

 

マシンを効率よく育てるにはパーツチケットはガンガン活用したいので、1度でチケットが4枚~6枚ぐらい入っているシップメントはなかなか嬉しいご褒美です。

(チケットは不要なパーツ1つでもチケット1枚に交換できる)

 

レベルを上げたり、アクティビティを解除したり、デイリーをちゃんとやっていればシップメントはかなりの回数引くことができる。これで課金の強制だなんだとギャーギャー騒いでいる人は実際にプレイしたのかと疑いたくなるW もちろん僕は一度も課金していないし、その必要性も感じていない。時短用でしょ。

 

2. ライバルのスコアをチェック

 

僕にはノベスくんという友人がいます。

僕と年齢がたしか10歳ぐらい離れていますが、彼のことを「後輩」と呼ぶことはありません。

彼は高校時代ぐらいの頃に僕と出会ってしまったがために、感受性が豊かな思春期時代にEmpireEarthRise of NationsAge of EmpireCompany of Heroesといった外国産本格RTSやCivilizationといったまともな高校生なら絶対やらないようなモノホンの海外産シミュレーションゲームで徹底的にゲームの英才教育を受け、またその一方でボイチャをしながらXBOX360でGears of WarやHeloをレッドリングが出るまで遊んだりと、おっさん達に囲まれて青春時代を過ごしました。

 

ノベスくんのイメージ画像

そんな彼も今ではすっかり社会人になり、忙しい日々を送っていますが。

 

 たまに僕のGTA5のヤバい製造工場から、ヤバいブツを輸送するのを手伝ったりしていますw

 

 

いや、ご両親には本当に申し訳ないことをしましたねww

今ではDQ10の僕のチームメンバーでもあります。

そう。

彼は後輩ではなく、僕にとっては戦友なのです。

 

で、つい先日、僕がNFSを立ち上げてみたら……。

そんなノベスくんのスコアでラップタイムが更新されているじゃありませんかww

 

 

そう。

例の友人と違い、彼は世間の風評には惑わされず、ただ僕の言葉のみを信じ、本作を購入していたのです。

 

 

(´;ω;`)ブワッ

 

 

天使みたいな子ですね。

 

 

そんな彼を楽しませるためにも、兄貴分としては頑張る必要があるわけですよ。

 

 

こんな感じで。

 

 

マップでノベス君がラップタイムを更新したレースを見つけては……

 

 

 

全力でたたきつぶす!!!

 

 

 

年下だろうと始めたてでマシン差があろうと……

 

 

 

 

大人げなく全力で叩き潰すwww

 

 

 

NFSを立ち上げてデイリーをチェックしたら、僕はまず最初にこれをやりますw

これをすると、次にノベス君がNFSを立ち上げたら、また新しい目標ができるじゃないですか。

直接マルチプレイをするのも楽しいですけど、こういう遊びも好きなんですよね。

 

あ、ボッチでも大丈夫ですよ!!

 

NFSの「AUTOLOG」が世界中のお友達から目標にすべき相手のラップタイムを表示してくれます!

 

これこれ。

自分の好きなミッション、得意なコースのラップタイムだけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。
デイリーチャレンジなど、AUTOLOGの目標を達成するとご褒美もありますから。

 

Q: いや、これってようするにオンラインのハイスコアでしょ? そんなの抜けるわけないじゃん。

 

A: ブー!!違います!! AUTOLOGはそのプレイヤーのスコアに近い他のプレイヤーのスコアを提示してくれるんです。だから、そのスコアなりラップタイムは「あなたなら頑張れば抜けると思いますよ」っていうスコアでありラップタイムなんです。

 

このAUTOLOGシステム、地味だから話題にすらなってないけど、実はめっちゃくちゃ画期的なシステムだと個人的には思うんですけどね。

だって、これのおかげで、同じコースを走っててもちっとも飽きないんですもの。

 

ちなみに。

このAUTOLOGが一切表示されなくなる時があります。

 

 

バグ?

いいえ、違います。

 

 

 

 

そのコースで世界一になった時です。

 

 

 

3. お気に入りのコースで肩慣らし

 

ミッションを進めるのもいいですけど、一度クリアしたお気に入りコースの周回(再プレイ)が今回結構おもしろいです。

何回レースをやっても報酬は同じ額もらえますし、毎回パーツ報酬がもらえます。

しかもパーツがクソでもパーツチケットに交換すれば、ガチャでパーツが引ける!

 

だから今回の周回プレイは楽しい!!

 

例えばココ!!

「ドリフティング・ザ・ブロック」

ここの周回をゼヒお勧めしたい!

 

理由は以下の4つです。

  • ステージが短いので何回でもサクサクチャレンジができる!
  • しかも終わった後に開始場所に戻されるので、またすぐ同じレースができる(ここ重要!!)
  • ドリフトの練習に最適!! みるみる上達する
  • 序盤から開始できる!!

以上です!!

つまり、ステージが短く開始場所に戻されるため再スタートもラクなので、序盤の金策にも最適なのです!しかも爽快で面白い!!

 

「えっ、ドリフトのミッション?! 車ねーし!! バトル用のパーツ買いまくって金もねーし!!!(# ゚Д゚) ムッキー」

 

みたいなことですぐ顔真っ赤にしてレビュー書いちゃうような人にはオススメです。

 

レベル200行かないぐらいの車でも普通に走ってこのぐらいはすぐに取れるようになります。

(ちなみに、わざとコースアウトしてドリフトすればスコア自体はこの何倍も取れます)

 

ご自分好みのドリフトチューニングをしたり、走り方を研究するのにもうってつけだし、いつのまにかお金もパーツチケットもバンバン増える。

 

パーツはその車だけでしか使えませんが、お金とパーツチケットはすべての車でつかえますからね!

 

こんな風に、美味しくて面白いコースがこのゲームにはたくさんありますので、色々試してみたり、毎回最初にならしで走ってみて、

「お、今日は調子がいいな」

 

とか、判断するといいと思いますw

 

4. 車には惜しみなく金を使う(特に中盤)、買ったらまずは見た目をいじる。

 

中盤になると、序盤から使っているマシンの限界(300)が訪れます。

こうなると、新しい車を買うか、廃車から蘇らせたマシンを育てていくか、ということになります。

正直、このゲームの一番の醍醐味はここだと思います。

 

この車を買わねばどうなるものか

買わねばそこに道はなし

迷わず買えよ、買えばわかるさ

 

あ、これは関係なかった。

 

 

これは、個人的な意見ですが。

 

元気があってもどうにもならないことはあります。

人生、その道を進んでいいかどうか悩んだら、まず下調べをすべきだと思います。

 

ですが、車はビビっと来たヤツを迷わずケチらず買っちゃいましょう!!!

そのためのレースゲームですし、そのために豊富な車種があるんですから!!

 

 

◆ここで、中盤で僕が買った車や育てた廃車をご紹介

なぜ中盤が大事かというと、全ての車が解放されておらず、選べる車種が限られているということ。

にもかかわらず、中盤を乗り切るためには、その中からレースで勝てる車を見つけなくてはならないということです。

そんな中で僕が選んだ車はコレです。

 

バトル車:Porsche Cayman GT4

ポルシェ ケイマンGT4!!!

現実世界では1000万円ちょっととお手頃価格ながら、911カレラSのエンジンと911GT3の足回りを継承した、スーパーカー一歩手前の性能を誇るマシン。

中盤でレベル399までチューニングできる限られた車の1つです。ボクスターと同じミッドシップなので2シーター。

デフォルトの暗めのグレー、カッコよかったんですが、このゲーム、土埃や光の反射ですぐ黒っぽくなってしまうので、あえて明るめのシルバーに変更。

 

 

ほら、夜でもいい感じに映えるでしょ!?

 

元の形が好きなので、スポイラーなんかはおとなしめにしています。

かっちょいいでしょ!!

オフロード車:MITSUBISHI Lancer Evolution IX

やっぱオフロードっつったらランエボでしょう!!

最初はラリーカーみたいにスポンサーロゴをゴテゴテに貼った感じにしようと思ったんですが、迷走しているうちにイニシャルDみたいな感じにwwwww

 

 

ランエボらしく、ケツはどっしりと、スポイラーもイカツいのを付けました。

 

WRC制覇全日本ラリー選手権五連覇など、輝かしい成績を収めてきたランサーエボリューション。

三菱の度重なる不祥事などに加えてリーマンショック事件が重なり、そんなランサーは不採算車とされて生産終了となり、その23年の栄光の歴史に幕を下ろすこととなりました。

でも、こうして。

ゲームの中、それも海外産のゲームの中でも、ランサーの魂は今なお生き続けているのです。

 

ドリフト車:NISSAN Fairlady 240ZG

ドリフト車は悩んだ挙句、廃車からのリストア車である240ZGにしましたw

 

元はこんなにオンボロ車ですが、レベル最大までチューンできます。

見た目はクラシックカーの原型を残しつつも、ビジュアルパーツはスポイラーやタイヤ周りをそれっぽくカスタマイズ。

うーん、君はなんてフォトジェニックなんだ。

実は元々、僕はクラシックカーにはそんなに興味がなかったのですが、だんだん好きになってきましたよ。

 

そうそう、酷評意見の1つに、「廃車を復活させる時に車の特性(バトルとかドリフトとか)を決めたら、他の特性でその車に乗れないクソ仕様」みたいなことを書いている人がいましたが。

えっと。

各特性のディーラーショップで格安で売られるようになるんですけどw

 

ちなみに、僕の240ZGも最初間違えてランナータイプで作ってしまって、その後ドリフト車として買い直してこの車になっている感じです。

ちゃんと調べてから書いてくれ ヽ(`Д´)ノプンプン

 

ランナー車:BMW M5

まず言いたい。

このゲームのランナーミッション、めちゃくちゃおもしれぇww

パトカーがちっとも追いかけてこないって?

ランナーミッションやりなさいww嫌ってほど堪能できるからwww

 

 

そんなわけで、アウディS5の頃からパトカー相手に暴れまくっていたのですが。

その後継で、アウディに勝るとも劣らない走行性能「装甲」性能を持った車となると、やっぱBMWじゃないかと。

 

この手の高級セダンはいじればいじるほど安っぽくなってしまうので、ビジュアルパーツは極力シンプルにしました。

どうせカラフルなサイレンで彩られますから。

 

 

こんな感じです!!

GTRやらジャガーやらバイパーやらマクラーレンやらランボルギーニやらをいじれるのは、中盤が終わってから。

つまり、中盤の段階でまず300以上育てられる車を作る必要があるのですが、僕はその中でこれらをチョイスしました。

(ドラッグレース仕様車は出番が中盤にはないので、割愛しています)

 

車の数だけ、ゲームの楽しみ方がある。

気になる車はばんばん買っていきましょう!!

 

フォトモードで写真を撮りまくれ!!!

 

このゲームの途中で気づいたんです。

みなさん、知っていましたか?

このゲームに「フォトモード」があることを。

 

知ってるよ。右スティック押し込みのやつだろ?

違うw、それはただのスナップショットww

 

十字キーの←ボタンを押してみてください。

どうですかwwすごくないっすか?

ぶっちゃけこれ、アサシンクリードオリジンズのフォトモードよりすごいんですけどwww

 

あるならあるって早くいってよーwww

 

 

僕はてっきり、スナップショットだけで、しかも右スティック押し込みだけでいいとも知らず、左右のスティックを同時押ししてましたよw

でね? 車全体を取るためには右スティックの下をおさなきゃいけないんです。

 

だから僕は、カーブとかを曲がる走行中の自分の車を取るために、左スティックでカーブを曲がりながらすかさず右スティックの↓を押しつつ、同時に左右のスティックを押し込むという超絶的なテクニック(もちろん一発撮りでどんな写真が撮れているか後で見ないとわからない)で毎回写真を撮っていたんですよwwww

 

 

 

 

 

言ってることがよくわからないでしょ?

上の文章をよく読み直して、自分でPSのコントローラー操作してるところをイメージしながら、実際に操作してみてください。どれだけヤバいかわかってもらえるはずwwww

 

 

 

↑それでこんな写真を一生懸命撮ってたんですよww誰か褒めてくださいw

 

 

後はひたすらミッションを楽しむ

 

コレに尽きます。

マシンスペックが推奨レベルであるならば、あとはもう腕のみの問題。

 

今回のミッションはどれもこれもめちゃくちゃ面白いです。

思いっきり楽しんでください!

 

イージーモードを恥ずかしがるな!!

最後に言いたいのはコレ!!

 

「勝ったら超気持ちいい。けど負けたらクソはらたつのが鉄拳とレースゲームである」 ~まつおゲーム語録より~

 

 

今回のNFSですが、本作のCPUは歴代シリーズの中でもかなり手ごたえがある難易度になっていると思います。

ちょっと軽く壁にこすっちゃうだけでも、「ぴゅーん」って抜いていきよるwww

最終ラップまで一位をキープしていたのに、最後の最後のカーブで失敗しただけでミッションクリアできなかった時は、僕も思わず僕も発狂しかけましたw

そういう時に、そういう悔しささえも楽しさと感じて、登山のようにクリアできるまで頑張るのもまた、1つの楽しみ方。(僕はどっちかというとこっち)

しかし!!

 

学生時代に高嶺の花だと思っていた女の子が、卒業してから口説いてみたら案外ころっとイケることもある!!

ころっと!

 

 

ちなみに僕の高嶺の花は、石田ゆり子さんに似た教育実習生のおねぇさんでした

 

 

このブログを読んでくださっている方の中で、学生さんっていますかね?

僕の拙い人生経験から言わせてもらえるならですね。例えば数学とかをやっていて、問題が解けなくなった時の対処法は、理解できるところまでさかのぼって勉強することなんですよね。

たとえば高校時代に、数学が理解できなくなったら、恥ずかしがらずに中学の計算ドリルを買ってきて解いてみる。なんだったら小学生用のドリルを解いてもいい。

僕はこれが最上の勉強方法だと思っています。東大理Ⅲ出の友人が同意してくれたので自信ありますw

 

あとはコレの例題解いてたらだいたいなんとかなる、たぶん

これ、誰でも思いつくぐらい簡単な勉強法なのに、なかなかできない。

しょうもないプライドが邪魔をしちゃうんですよねー。

 

でも、よく考えたらちっとも恥ずかしくない!! むしろクレバー!!

だからイージーをやろう!!どんどんやろう!!

せっかく、いつでも難易度を切り替えられるんだから。

 

 

コースが長い上に、敵が邪魔している状態では、上達しようにもなかなか集中できないこともあります。

そんな時に、イージーをやれば、上達が早まったりするんです。これほんと!

 

 

そんなわけで、めちゃくちゃ面白いニード・フォー・スピード ペイバック!!

 

いかがだったでしょうか!

レースゲームとかFPSとか格ゲーみたいな競技性が高いゲームってつい、上手いとか下手とかで見ちゃうじゃないですか。

オンラインになると途端に人と比べる要素が強くなるから、ますますそう感じてしまう。

 

でも、本作はそうした競技性を、自分のレベルは楽しみ方に合わせてプレイができる。

 

そこが最大の魅力なんじゃないかなーと思います。

 

買って損はしませんよ!! なんて、僕は言いません。

損をするか得をするか。

決めるのはあなた自身です。

 

それでは、また!!

 

 

 

2018年7月8日追記

発売から早8か月。

このあたりの記事を書いてから。色々なことがありました。

 

◆NFS関連記事リンクはこちらから

中でも一番大きいのは、松研を読んでペイバックを買ったっていう読者の皆様方とカーミーティングを実施できたことでしょうか!!

 

松研読者さんが続々集結!!「第一回松研カーミーティング」開催!!【Need for Speed Payback日記⑧】

ペイバックの方も、「マルチでのフリー走行の実装」から「フリー走行で自分でルートを決めてミニレース」、「マルチ全車LV399まで上限解放」といった神アプデが未だに続いている状態。

俺たちのペイバックはまだまだ終わらない!!!

 

あとそうそう!!

カーミーティングをきっかけに機材一式が揃ってしまったので、実況配信を始めましたw

 

 

 

これからもブログ同様、コツコツ続けていきますので、よかったらチャンネル登録していってくださいね!!

それでは、また!!!

 

 

関連記事

  1. 第三回 春のまつお祭り開催!!【ドラクエ10おもしろいですよ日記】

  2. 【ふつーに】スマブラSPはガチ部屋バトルもちゃんとできるし良作ですよ【良作】

  3. 難易度低め? でもめちゃくちゃ気持ちいいー!!!「SpeedCross」ニード・フォー・スピード ペ…

  4. 【本当に】スマブラSP神アプデ1.2.0到来!! でも一言物申す!!!【それでいいの?】

  5. 【断言】サガ スカーレットグレイス 緋色の野望はめちゃくちゃ面白い 【購入推奨】

  6. 【大炎上】それでも僕がDOA6をオススメする理由【しかし最高傑作】

  7. 松研流!! 2018年E3総まとめ!!【前編】

  8. 【新放置車両MAP付き】ニードフォースピードペイバックに神アプデ実装!!【Need for Spee…

  9. 松研流!! 2018年E3総まとめ!!【後編】

コメント

    • ぽこもん
    • 2017年 12月 20日

    初めまして!クリアしたので評価を調べていたら見つけたので見さして頂きました!
    終ってどうしようかと悩んでいたのですがまだまだ楽しめそうだと思いました。
    フォトモード楽しみたいと思います!w

      • matsuosan
      • 2017年 12月 21日

      こんにちは、コメントありがとうございますー^^
      クリアおつかれさまでしたw

      フォトモードがあるなんてどこにも書いてないから最初びっくりしましたよーww

    • KV
    • 2018年 6月 25日

    初めて投稿させていただきます。
    今作のNFSが初めてのプレイなのですが、いやはや車が走すのが面白い‼
    車に興味を持ち始めて「これ面白いのかな?」と思って買ってみたのですが、改造が凝ってていいですね。
    今ストーリーが終わり、どうするかなぁと思っていたら、マツオサンのこのブログにたどり着きました。
    バトル車とランナー車が同じで話が合いそうだななんて心の中では感じたりしています。
    そんな風に感じている私からマツオサンに質問なのですが、実はオフロード車もマツオサンと同じランエボを使っていました。しかし。コーナーを曲がるときにリアタイヤが大きく振れてしまい少々使いにくい‼
    好きなのに使えないとはなんとも世知がないものでして、この悩みを解消するためにはどのようなカスタマイズがおすすめでしょうか。ご指導のほどよろしくお願いいたします。

      • matsuosan
      • 2018年 6月 25日

      KVさんはじめまして、コメントありがとうございます!!
      去年の記事にまだこうしてコメントいただけて、本当に嬉しいです。

      で、オフロードのランエボなんですが。
      速いんですがおっしゃるとおり、未舗装路では安定しないですねーwww

      未舗装路での安定度でいえば、X6Mやパナメーラに軍配が上がるイメージです。
      ちなみにパーツのブランドはどこにされていますか?

      個人的には、オフロードは加速・ブレーキ強化のChidoriがおすすめです。

    • 中さん
    • 2018年 7月 11日

    僕のペイバック車のレベルが、Lv〇〇〇とかではなくC2 〇〇〇といった表記なのですがどうやればLv表記にできるのでしょうか?

      • matsuosan
      • 2018年 7月 11日

      さっき入ってみて色々試してみましたがわかりません! Twitterでも情報はなくて、ググってみるとYahoo知恵袋で同じ症状の方がいたようですが、すでに消されており不明です。EAに問い合わせてみるしかないと思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「なんで自分は、こんなにつらい思いをしてまでゲームしてるんだろ」って思った時の話…
  2. 【大炎上】それでも僕がDOA6をオススメする理由【しかし最高傑作】
  3. 【みんなやろうぜ】格ゲーは上級者だけのものではない【まつおコラム】
  4. 松研Radioはじめました!
  5. 【大型アプデ】やるなら今しかねぇ!!ディビジョン2(Division2)!!【タ…

特集記事

PAGE TOP