注目の記事 PICK UP!

2017年に発売されたゲームを振り返る【後編】

こんにちは、まつおさんです。

それではさっそく、前回の続きから参りたいと思います!!

8月
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-

「逆転裁判」でおなじみの成歩堂龍一のご先祖様が活躍する「大逆転裁判」の続編。

 

相変わらず面白いみたいっすね!!

 

前作とセットになった数量限定版があるみたいなので、前作をやっていない僕は、落ち着いたらこれを入手しようかな、と思います。

温泉旅行とか行くときに、旅館のマッサージチェアでのんびりやりたい。

 

HITMAN(ヒットマン)

開発者はハゲはみんな同じ顔だと思っているんじゃないか

 

っていうぐらい、服装を変えるだけでいろんな関係者と「そっくり」になれるヒットマンが主人公の人気シリーズ最新作。

僕はステルスゲー大好きなので、面白かったですよ。

それぞれの暗殺ミッションごとにいろんなアプローチ方法があるので、そういうのを色々試すのが面白い。

そういう箱庭チックなステルスを楽しむゲームですね。

ステルスゲーム好きの人たちが今まで勝手にやってきていたようなことが、ゲームシステムになっている、みたいな。

ゲームとしても面白かったですが、一番面白かったのは弟者さんの配信ですかねwwww

この動画の17分からの便器を蹴り落として倒すまでのくだりは本当に笑わせてもらいましたww

 

僕もいつかハゲるようなことがあったら、いっそスキンヘッドにしようと思うんですけど。

でもハゲた先輩方いわく、みんなそう言いながら、結局かぶるんだそうですwww

 

ドラゴンクエスト10

あのドラクエ10PS4switchでプレイできるようになりました!!(Switchは一か月後の9月にリリースされました)

Ver4.0になってからのドラクエ10はまじ神ゲーでございます。

PCでもPS4でもSwitchでもいいので、ぜひぜひ遊びに来てください。

 

DQ11をクリアしてDQ10に流れた人たちが増えた事と、PS4とSwtich版が出てからユーザー数も一気に増えたことと。

そこにバージョンアップも重なり、今はとってもにぎやかに。

 

そんなこともあってか、初心者にとっても優しい雰囲気があります。

待ってるぜ!!!

始めるなら今からですぞ!!

 

日記も書いてます。

⇒今から始めるDQ10【松研】視点

 

Undertale

「誰も死ななくていい優しいRPG」、Undertale。

 

2013年にクラウドファンディングで出資を募ったところ、目標額の$5000に対し、その10倍以上も集まったという、世界的に有名になったインディーズゲームです。

PC版Steamでアーリーアクセスでプレイできましたが、正式にリリースされ、インディーズに注力しているPS4でも遊べるようになりました!

 

画面を見ればすぐにわかる通り、MOTHERをかなり意識した作品ですね。

作者によればMOTHERと東方からは強いインスピレーションを受けたとのこと。

とはいえ、とてもオリジナリティが高く、作者の作家性も強く感じられる作品です。

音楽もとてもセンスが良く、熱烈なファンがたくさんいます。

こんな素敵な作品が1500ぐらいで遊べるなんて、いい時代になったものですね。

 

Newみんなのゴルフ

僕はどっちかっちゅーと、この手のゲームは見知らぬ誰かとスコアを競うよりは、身内とのんびり楽しみたいタイプなんですよね。

なので、ちゃんとやるかどうかは、身内がやるかどうかにかかっています。

 

僕の場合はβテストでこう、ぺろっと華麗に旗堤みホールインワンなんてしちゃったりして。

「そういや子供の頃に、親父にお前はプロゴルファーに向いてるって言われたっけなぁ」

「日本は1人、プロゴルファーを失ってしまったというわけか・・・」

 

 

とか一通り浸ったらそれで満足してしまって、他の人がやり始めるまで買わずにいたんですよねー。

でも、蓋を開けてみれば、課金のやり方が汚いってことで、ゲーム自体に非難が殺到。

中でも、カスタムクラブっていう、飛距離が伸ばせるアイテム(しかも消耗式)に避難が集中。

 

いやいやwwwwww

いくら松研のテーマが「そのクソゲー、本当にクソゲーなの?」だとしても。

いくら酷評レビューを疑うところから始めるのが松研だとしても。

いくら実際に製品版をプレイしてから判断するのが筋だとしても。

さすがにこれはわかるぞwwwwwww

それ(飛距離UPアイテム)だけはやっちゃだめだろwwwwwwwwwwwwwww

運営ちゃんと考えたの?

 

 

やっぱね、課金ってね、それでなくてもみんな、すごい敏感なんですよねーwwww

スマホとか基本無料のアプリとかならわかるんですけどね、パッケージで売ってるわけでしょ?

イース8のほぼ唯一の課金要素がこれ。日本ファルコムさんさすがです

300円でヒロインのケツが食い込む服が買える!!!

 

とかならまだしも。

ゴルフっていう「競技」ゲームでそのスコアに直接つながる飛距離を金にかえたら絶対あかんてwwwwww

 

 

ここまでは、ごめん、擁護できないです><。

でもね!

オンラインのいいところは、「バージョンアップで改善ができる」ということです!!

 

 

 

実際、課金をしなくてもチャレンジやってるだけで、カスタムクラブに必要な宝石がもらえるように調整されたみたいです。

(でもそれなら、今までお金かけてた人はなんなのっていう気がしなくもないけどw)

 

それに、酷評レビューをしている方たちでさえ、共通して言っていることがあります。

ゴルフ部分はすげぇよくでいている。と!!

(実際すげぇ面白かったです。あとキャラメイクも!!)

 

だから、オンライン部分は今後のユーザーの声を反映したバージョンアップに期待するとして、身内でワイワイ遊ぶ分には全然アリなんじゃないかなーと個人的には思っています。

 

9月

二大サッカーゲームが同月発売!!

あとはSwtichが徐々に加速してきた9月でしたねー。

アンチャーテッド 古代神の秘宝

「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」の追加エピソードにあたる本作。

いや、おもろいに決まってるやん

 

僕はといえば、これがリリースされたころに、女子に勧められて本家「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」をプレイしてどハマリしていたところでした。

 

こっちがクソほど面白かったのに、おもしろくないわけがない!!

 

フォトモードで僕が撮った写真。こんなにアホほど写真を撮ったのは本作とHorizon、アサシンクリードオリジンズぐらいかな!

まつお写真館その②。FF15を「なんで男だけで旅しなきゃいかんのだ」とかって文句いってる人がいましたが、こっちのほうが加齢臭ハンパないぜwwwwwww

 

面白いに決まってるんだけどなーwwwww

追加エピソードで5000円するのはなーwwwwwww

強気にでたなぁwww

 

って感じでの作品><

でもたぶん絶対おもろいと思いますよw

 

 

 

 

ウィニングイレブン2018

サッカーゲームですね!

FIFA 18

サッカーゲームですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

す、すいませんwwwwwwwwww

 

古今東西のあらゆるハード・ゲームを遊びつくしたと自負している僕ですが。

ワイのサッカーゲームはスーパーフォーメーションサッカーが最後なんやwwwwwwww

 

斬新な縦スクロールのゲームシステム。

イエローカードがなくファウルやりたい放題なのに、唐突に突きつけられるレッドカード。

色々独特なゲームシステムでしたが、もう一つ特徴がありまして。

 

それはオフサイドがないということwww

 

 

「今のオフサイドやんけ!!」って騒いでいる親父と、当時オフサイドなんて知らなかった小学生の僕

一生懸命オフサイドについて説明しようとする親父をよそに、そんなもんおかまいなしに点数を入れまくっていると、とうとう本格的な親子げんかに発展wwwww

親父、大人げなさすぎやろwwwwwww

(でもまぁ、今にして思えば、親父の気持ちがわからなくもないなぁwwww生意気だったんだろうなぁwwww腹立ったんだろうなぁwwwww)

 

 

そんなわけで、我が家ではサッカーゲームは二度とやらなくなってしまい、なんとなくそれっきりにwwww

だからゆるしてくださいwwww

 

 

あ、でも兄者さんのFIFAの配信はよく見てましたよ!!

ご本人が楽しそうにされているのがいいんですよね。

弟者さんと違って、兄者さんは好きなゲームしかやってなさそうwwww

 

ファイアーエムブレム無双

もう無双シリーズはいいよwwwwwww

って正直思ってました(すいません)

(個人的には無双2の五丈原の弓兵の理不尽な感じの難易度とかが好きでしたw、協力プレイも楽しくて)

 

なんかこれ、正直そんなに話題にもなってない気がするんですけど。

けっこう評判がいいんですよねーw

3すくみや特効などのファイアーエムブレム独特のシステムをうまく導入できているみたいですねー。

たぶん関係なしでごり押しできちゃうんだろうけど、まぁそれも無双らしいといえば無双らしいw

レベルアップシステムもFE独特のアレみたいで、なかなか楽しそう。

初代からすべてやってきた身としては、思い入れがあるのがドットキャラ時代のキャラクターたちなので、もしそこがフォローされていたらハードごと買っていたかもしれませんねwww

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX

鉄拳とポケモンがコラボした格闘ゲーム「ポッ拳」がDXとなってSwitchで登場。

DXでデイリーチャレンジや3匹1チームのチームバトルが追加されたりしてるようですが。

まぁそんなことより、ポケモンを動かして楽しいかどうかじゃないでしょうかね。

 

格ゲーとしてどうこう語ってしまうオッサン勢は、残念ながらもうポケモン適齢期を過ぎてしまったということなんじゃないかなぁとwww

あと、こういうゲームをつまんないっていうオッサンは、遊び方を間違えているんじゃないかなぁ。

 

こういうゲームは普段あんまりゲームやらない友達とか、女子とか、キッズ共とワイワイやるのが楽しいんですw

 

そりゃオンラインなんだからランク戦もあるでしょうけど。

「全然やってもDランク以上になれず、心が折れました。☆1つです」

 

みたいなのは、ちょっとどうなんだろうwwww(個人の感想です)

遊びましたが、いいと思いますよ!ポッ拳!

 

10月

 

2017年最強の月は、間違いなくこの月です。

 

 

 

 

 

 

まず、ヤツが出ました。

 

もう、関羽とか、張飛とか、呂布とか、そういう次元じゃない。

 

 

 

 

その存在はもはや

 

ゼウス(最高神)

 

 

我が国において行政権の属する内閣の首長たる国務大臣

すなわち総理大臣でさえもがコスプレをした、ゲーム業界の絶対神。

 

 

 

 

 

ヤツが!!

 

 

15年ぶりに帰ってきた!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

っていうか、そう考えたら2017年ってヤバくないですか?w

 

 

13年ぶり(オンライン除く)にナンバリングが出たドラゴンクエスト。

15年ぶり(移植・リメイク等除く)に新作が出たスーパーマリオ。

 

 

 

何が北やねんwwwwwwwwwwwwwww

ってゲーマーならきっと思うはず!!!!

 

 

 

スーパーマリオオデッセイ

やりたい!!!!

今すぐやりたい!!!!!

 

僕が何に一番ときめいたか、わかります?

 

このゲーム中に表示されるMAP!!!

任天堂の攻略ガイドブックみたいな作りの、こんな素敵なMAPがいつでもゲーム中に見ることができるんですよ!!

すっっごい素敵だと思いませんか!?!

僕はもう、こういうのを眺めているだけで幸せになってしまいます。

 

そういえば、よゐこの濱口さんがマリオオデッセイをプレイしている時に、「アッチーニャ砂漠」っていう名前を見て、

「これ、ぎりぎりやな」

 

って言っていたのが面白かったです。

楽しみすぎて僕は現在、それ以外の情報を一切遮断している状態です!!!

 

サイコブレイク2

あ、すげぇ評価高い!!!

三上さんよかったねー!!!!って思ったのが最初の感想でしたw

 

バイオハザードの生みの親(まぎれもなくそうなんですが、ご本人はそう呼ばれるのがお嫌いだそうです)の三上真司氏が率いるTango Gameworksの作品。

 

前作サイコブレイク。よくこんな最悪なジャケットデザインおもいつくわwwwそうおもいません?w

 

前作サイコブレイクは注目作でありながら、「レターボックス(画面の上下に黒い帯が出るあれです)」による視界の悪さと、それによって不可避なトラップの理不尽さチェックポイントの少なさやロード時間などで酷評され、もともとの難易度の高さとあいまってクソゲー呼ばわりされてしまった経緯があります。

後のアップデートでレターボックス問題含む大きな改善がされており、今ではとても良質な骨太ホラーアクション作品になったのですが、その頃にはもう旬が過ぎてしまっていたという、不運の作品だと思います。

そんな中、今作はめちゃくちゃ評判いい!!

第一作でコケたら、売れる見込みのない第二作は作らないのがゲーム業界のセオリーだと思うんですけど、そんなの無視して作り上げたTango Gameworksに乾杯!!

アサシンクリードオリジンズが面白すぎてまだできてないんですが、これは必ずプレイしたいと思う作品です!!

 

巨影都市

でた、バカゲーwwwwwwwww

 

Amazonを見ると、なかなかひどい評価が多いですねーw

 

でもね。

このゲームが一番評価されるべきは何か、おわかりになりますか?

 

 

2017年のこのご時世にですよ?

海外のAAAタイトルがとんでもない開発費と1000人ぐらいのスタッフを使って、とんでもないゲームを連発するようになって。

 

これはもう日本ダメでしょ勝てるわけがないっていう時に、だったら自分たちがやらなきゃダメでしょってFF15が必死にそれを目指して、(それが達成できたかどうかはともかく)全世界で500万本出荷して。

年明け早々、バイオ7や仁王、ゼルダにマリオといった日本製ゲームが世界中を騒がせているような、こんな時代に!!

 

こんな

 

バカみたいなゲームを

 

なんの恥もてらいもなく、堂々とリリースしてみせたことですwwwwwwwwwwwwwwwww

 

言っちゃ悪いですけど、元々、PS2の頃から技術力があった会社ではありません。

ポリゴンだって「え、PS1?」ってぐらい汚かったwwww

そんな会社が巨大怪獣を動かすんだから、そりゃPS4でもカクカクするに決まってるwwwwwwwww

その意気を買ってあげてくれ!!wwwwwwww

そこを楽しむゲームです!!

昔からここのゲームはわりとそうだからwwwwwww

 

 

グランツーリスモ SPORT

最初に、僕はこのゲームを語る資格がありません。

なぜなら、クローズドβをプレイして、自分には向かないな、と判断したからです。

NFSの日記で書いたように、体験版をちょっとだけ遊んで批判するのはどうかと思いますし、そもそも松研は基本的に、面白いと感じたことを褒めるスタイルで、その逆は不要と思っています。

なので、ここでは批判ではなく、体験版をプレイするに留めた理由を書きます。

1.乗りたい車がなかった(>_<)

車種は結構あるんですけど、どれも民生車じゃなくて、レースで乗るようなGT仕様車なんですよね。

僕は日常で触れる好きな車や憧れの車種を自由に乗り回すことに楽しさを感じるので、ちょっと自分のスタイルとは違うかな、と思いました。

一応頑張ってみたりはしたんですけどねw

ラリー仕様のGTRのデカールやら何やらをぜんぶひっぺがして民生車っぽくしてみたりw

デカールを全部ひっぺがして、民生車っぽくwやっぱGTRはシルバーが一番かっこいいと個人的には思っています。

 

2.オンラインレースがメインの構成

たとえばこれがFPSゲームだとします。

キルレ低いなぁ、次はここまで頑張ってみよう。

とか、自分なりの目標が立てられます。

役割が豊富にあって、下手なら下手なりに貢献する手段もあります。

装備なんかも少しずつアンロックされて、どんどん強化していけます。

 

でも、オンラインレースは違います。

オンラインのガチンコレースで求められるのはただ速さのみです。

そんな状況下でアスリートのようなストイックさで自分の走りを高めていくようなモチベーションは、少なくとも私にはありませんでした。

好きな車を乗り回してコツコツレースをやってお金を稼いでパーツをいじってまた車を買ってレースをやって、みたいな、昔のグランツーリスモにあったような、いつまでも終わらない箱庭要素を期待していた僕からすると、うん、これは違うコンセプトのゲームなんだな、と感じました。

この2つの理由から、自分には合わないかなーと思ったのでした。

でも、フォトモード最高に楽しかった!!

これだけでいいんじゃないかって思えるぐらいよくできていましたw

見知った街を見知った車を走らせ、撮る喜びはたまらない。他のゲームではとても真似でない要素

 

秋葉のやつなんて、映ってる看板のお店全部に許可を取ったそうですからねw

そんなイカれたこと、この開発チームしかできない気がするwwww

実際、自分の乗りたい車が全部あって、このフォトモードがあるなら、他のすべての要素がスッカラカンだったとしても僕はフルプライスで買ったと思いますwww

 

今回のグランツーリスモは本当にストイックなゲームだと思います。

 

ゲームの中でガチでアスリートを目指す、みたいな。

オレはスト5でプロゲーマーを目指すんや!!

みたいな。

そういう人にこそふさわしいゲームなんじゃないかな、と(個人的には)思っています。

そう考えれば、相変わらずとんがってますよねw

 

シャドウ・オブ・ウォー

一言でいうと、いろんなゲームをものすごいハイレベルにパクりまくったゲームですwwww

シャドウ・オブ・モルドールの続編ですが、本作からでも全然楽しめます(私もそのクチです)

映画ロードオブザリング(原作はトールキンの指輪物語)の世界観ですが、知らなくても問題ないレベルで楽しめますw(せっかくなので、よかったら1ぐらいは観てくださいw)

 

もうほとんどぶさいくなオークしかでてこないw

敵も味方もオークまみれwwwwww

 

オークと戦って

オークを洗脳して

オークの軍団を作って

オークの軍団を制圧する

ひたすらそれだけwwwwww

 

ただそれがむちゃくちゃおもしろい!!!

そしてステルスアクションが、従来のゲームで類をみないほどに爽快!!!

 

あらゆるゲームを徹底的にパクリ、ろ過された作品がコレです。

プレイ日記も書いてますので、よかったらどうぞw

 

アサシンクリードオリジンズ

ハッキリいって、アサシンクリードシリーズの最高傑作だと思います。

そして、僕にとっては今年一番ハマったゲームと言えるかもしれません。これかバイオ7どっちかですね。

 

どれだけ写真を撮ったかわからないw

前代未聞の広大さで古代エジプトを駆け回る。ぶっちゃけもうそれだけでも面白いに決まっている。

正直に言います。

こんなにハマっているのに、僕は未だにクリアしていません。

それはなぜか。

サブクエストやロケーションイベントが膨大にあるから?

それもあります。が、一番の理由ではありません

 

クリアしたくないんですwwwwwwwwww

この世界にずっといたいwwwwwwww

 

今までのアサクリシリーズと異なり、武器にレベルや特性が付くようになり、よりハクスラ要素が増え、RPG要素が増した。

 

舞台が古代エジプトとなり、武器種が増え、それぞれにレベルの要素や特性が付き、ハック&スラッシュ要素が増える。

そんな情報やPVが公開された時、否定的な意見も少なくありませんでした。

「そんなのアサクリじゃない」

「ダクソじゃん」

みたいなw

でも、バイオハザード同様、パイオニアであるがゆえに絶望的なマンネリに悩まされていた彼らが、何か革新的なことをしようとしているということを感じた僕は、この情報を知った瞬間に購入を決意していました。

これは絶対おもろいwwwwwwwww

 

その期待はまったく裏切られることはありませんでした。

史上最高のステルス&オープンワールド作品といっても過言ではないのではないでしょうか。

 

 

あまりに広い古代エジプト。

その時代考証や世界観の構築がすごすぎて、人々がもう本当にそこで生活しているんですよね。

サブクエストの1つ1つにもまったく手抜かりがない。

ただのお使いではなくて、1つ1つのストーリーも実に面白い!!

これもフォトモードで僕が撮った写真です。アヌビスの装備が手に入る期間限定イベント(とはいっても周期的にあります)

 

このゲームのすばらしさを語るだけで記事が何個もできてしまうので、とりあえずこの辺でw

 

⇒プレイ日記をたくさん書いています。よかったらご覧ください。

 

 

まったく、マリオが出るって月にどんだけ良作が出てるんですかw

1日は24時間しかないんやで?

仕事もあるんやで?ww

2017年10月はヤバすぎでした。

 

「まつおさんって自分の時間を作るのが上手ですよねー」って言われました。

ちがいます。睡眠時間削ってるだけです。

10月は毎日睡眠不足でしたwwwww

 

11月
ニードフォースピード・ペイバック

このゲームについてはもう語り尽くしましたwwwwwwwww

発売から一か月以上経った今でもウチの記事で一番アクセスがありますw

私は大好きな作品です。

 

⇒よかったら、日記をご覧になってくださいね!

コールオブデューティー ワールドウォーⅡ

ファンを期待させたり失望させたり期待させたりやっぱり失望させたりしているCODシリーズの最新作。

これはごっつい個人的な意見ですが、僕はCODは昔からどちらかというと、「キャンペーンを楽しむゲーム」だと割り切っています。

CODで凸砂(スナイパーライフルで突撃)が強いのは今に始まったことではないのでなんとも

 

それはともかく、WW2もののFPSってのは、やっぱりたまーにやりたくなりますよね。

M1ガーランドをリロードする時の「キーン」っていう金属音が聞きたくなる時、ありません?

スターウォーズ バトルフロントⅡ

良く出来たゲームだと思うのですが、課金まわりでめっちゃ叩かれてますねーwwwwそれも世界的にwwww

やっぱりパッケージ販売でアンロックに課金っていうのは、どうしてもヘイトを稼いじゃいますね。

ダースモール使いたいもんな―。

さすがにEAも色々反省しているみたいなんですけど。

いつも応援してくれているファンの皆様、ありがとうございます。

私たちの目標は、常に、スター・ウォーズのファンとゲームプレイヤーの皆様のために、最高のゲームを作ることでした。 そして、絶えず皆さまの声を聞き、調整し、進化させるという継続的なコミットメントを持って臨んできました。 皆様も、過去数週間にわたって、私たちが行ってきたゲームへの大きな調整と研磨を目にして頂いていることだろうと思います。

しかし、全世界発売が近づくにつれて、ゲームデザインにまだ課題が残っていると感じている人が多くいるということがはっきりしました。ゲーム内課金が、プレイヤーにとってアンフェアな要素を生んでいるとの懸念があることは聞いていました。この要素がすばらしいゲームに影を落としているとも聞きました。こうしたことは、私達がまったく意図していなかったことです。正しい形で始めることができず、申し訳ありませんでした。

お寄せ頂いた声を真摯にまた正確に受け止め、現在、すべてのゲーム内課金を停止しています。そして、ユーザーの声をよく聞き、ゲームのチューニングやバランス調整により多くの時間を費やしていきます。

ゲーム内でのクリスタルの購入は現在閉鎖中であり、全てのゲーム進行はすべてゲームプレイを通して行われるように変更されています。ゲーム内でのクリスタル購入機能は、ゲームの変更を行った後に、改めて実装する予定です。これに関する詳細は、ゲーム調整の進捗に合わせて、随時共有させて頂きます。

私たちは皆さまのインプットに基づいてゲームを作成し、更に進化を続けていきます。「 Star Wars™ バトルフロント™ II」は、前作の3倍のサイズで、全く新しいスター・ウォーズの物語、宇宙での戦闘、スター・ウォーズの3時代を舞台にした壮大なマルチプレイヤー体験を有し、そして今後さらにコンテンツの拡充を予定しています。 私たちは、皆さまにぜひともこの体験を楽しんで貰いたいという思いでおりますので、ぜひ引き続きご意見をお寄せ下さい。 私たちは、随時、皆様と進捗を共有していく予定です。

だ、そうです。

スタートでつまづいちゃいましたが、今後の改善に期待しましょう!!

 

12月
地球防衛軍5

めっちゃくちゃ評判いいっすね!w

 

今時ここまで評判がいいゲームも珍しいんじゃないですか?w

周りでもプレイした人たちが口々にシリーズ最高傑作だと言っています。

これはちょっと買うしかなさそうですね!!

12月は寡作だなーと思っていたのですが、今年の年末はこれで決まりかな!!

こういうみんなでワイワイできるゲームって最近以外に少ないので、貴重なんですよねーw

 

 

2017年はやっぱりすごかった!!!

 

そんなわけで、2017年のゲームを独断と偏見で振り返ってみました!!

すごい充実していたせいで、気付けば前後編合わせて20000文字も書いてましたw

 

いかがでしたでしょうか?

 

ゼルダやアサシンクリードオリジンズなど、開発ノウハウが蓄積され、円「熟」したオープンワールド作品がリリースされ。

マリオやドラゴンクエスト11、イース8などの「熟」成されたシリーズ作品が出来映えが光り。

バイオ7や鉄拳7、アンチャーテッドなど、魅力的なDLCにより完「熟」を迎える。

 

 

そんなわけで、僕は今年のゲーム漢字を「熟」とさせていただきました。

 

皆さんにとっては、どんなゲーム漢字の一年でしたでしょうか?

来年も一月からモンハンの新作が出ますし、ものすごいスタートダッシュが期待できそうですね。

 

 

それでは、今回はこの辺で!!

こんなものすごい長い記事にお付き合いくださり、ありがとうございましたーwww

関連記事

  1. 戦車レースやってきましたよ!【アサシンクリード オリジンズ日記③】

  2. ランエボ乗りの不死者(リビングデッド)【Need for Speed Payback日記⑥】

  3. 【松研レビュー】nacon レボリューション プロ コントローラー2は果たしてアリなのか、ナシなのか…

  4. ペイバックの野望 ~群雄割拠のスコア戦争勃発~ 【Need for Speed Payback日記⑦…

  5. 僕が「アサシンクリード・オリジンズ」を待ちきれない理由【アサシンクリードオリジンズ日記⓪】

  6. 【旅行記風】パピルスの場所を全て見つけてきました! 前編【アサシンクリード オリジンズ日記⑥】

  7. ゲームハード論争(ゲハ論争)について【まつおコラム】

  8. 実況動画第二弾は「ザ クルー2(The Crew2)」クローズドβのおもしろ実況動画です!

  9. 松研流!! 2018年E3総まとめ!!【後編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【大悲報?!】超絶神ゲー エースコンバット5移植という大ニュースを僕が深く悲しん…
  2. 【神ゲー宣言】Darkest Dungeon(ダーケストダンジョン)が楽しめない…
  3. 【松研レビュー】nacon レボリューション プロ コントローラー2は果たしてア…
  4. 【断言】サガ スカーレットグレイス 緋色の野望はめちゃくちゃ面白い 【購入推奨】…
  5. 【神コラボ】ゴーストリコンに、あのレインボー部隊が参戦?!【ゴーストリコンワイル…

特集記事

PAGE TOP