注目の記事 PICK UP!

勝ちたいんや!!【レインボーシックス日記その③】

「勝ちたいんや!!」

これはかつての星野仙一氏が阪神監督2年目のスローガンとして掲げた言葉
この言葉は明石家さんまさんが色紙に書いて星野氏に贈ったのが元だそうですが。

明石家さんまさんがその言葉を書いた元ネタは、実は板東英二さんなんだそうです

板東英二さんがさんまさん達とゴルフをしていた時に、ラフに打ち込んだ球を

「ワシの球どこや!?」

 

と言いながら、自分のクラブでフェアウェイに出そうとしたんだそうですwwww

で、それを目撃した村上ショージさんが、

「板東さん、なんちゅう汚いことすんねん!」

と言ったところ、板東さんが

 

「勝ちたいんやぁ」

 

と、絞り出すような声で言ったんだそうですwwwww

シージで勝ちたいんや!!

で、僕はこのゲーム、「レインボーシックス シージ」にハマってしまって。

一ヵ月で、みんなものすごく成長したわけです。

 

そうするとね。

勝ちたい。

 

どうしても勝ちたいんだよねwwww

チートやマウスを使ってまで勝ちたいとは思わないけどwwwww

でも、板東さんの気持ちがちょっとわかるぐらいには勝ちたいんや!!!

 

ワシは頑張ってこのぐらいのレベルまで行きたいんや!!

 

しかし、誰もが板東さんみたいになりたいわけではない!!www

板東さんが一人だから、これは笑い話になったんですよね。

全員が板東さんだったらきっと、「勝ちたいんじゃああ!!」って、最終ホール回る前にクラブ持って殺し合いが始まっているんじゃないでしょうか。

実は、僕が友達みんなでシージを初めて、一番悩むところがここなんです。

今のチームはまぁ、みんなへたっぴなんですけど。

僕がたぶん、ほんの少しだけみんなよりうまい。その次がノベスくん。

(たぶん、ノベスくんもそこそこ板東英二ですね)

 

だからこう、

「今のゲーム、もっとこうしたら勝てたんじゃない?」

っていうのがどうしても出てくる。

 

でもほら、そこまでみんなは板東英二じゃないw

まわりが板東英二じゃないのに、

「今のはもう少しこうすればよかったんじゃない?」

みたいなこと言っちゃうと、ちょっと空気感が微妙になったりするわけですよwwwww

こういう地図を作ったりしているのも、そんな中でどうすればみんなで上を目指していけるかを考えてなんですけど。

そんなMAPも実際役に立っているのかどうかわからないwwwww

 

こういう時って、ありませんか!!

 

 

こういう時、周りとの温度感が違うのに無理やり、

「もっとみんな、頑張ろうよ!!!」

 

みたいなことを言っても100%うまくいくことはないということは、

学校の文化祭をやったことがある人ならわかるはず。

 

かといって、あなたは板東英二なんですwwwww

そこは絶対変えられないんですwwwwwwwwwwwwwwww

無理して周りに合わせて、

 

「か、勝たなくてもええやんなぁ?!楽しければ( ^ω^ ;;;)」

 

とか言ってたら絶対すぐに破綻しますwwwwwあるいはハゲますwwwwww

 

 

そんなあなたは、それではどうすればいいんでしょうか!!!!

 

 

 

 

いやこれ正直、僕はかなり悩んでました。

ここしばらくずーーーーっと悩んでました。

 

 

みんなとても仲の良い友達です。

気の合う仲間たちです。

だからこそ、ちょっとやそっとのワガママやエゴを出しても、まぁ許してもらえます。

 

 

でも、だからこそ、そんな大好きな人たちに、あんまりああだこうだ言いたくない。

 

 

そして、そう思っててもついついあれこれ言いたくなってしまうぐらいアツくなっちゃうゲームが、「レインボーシックス シージ」なんだよねwwwwww

 

 

2BROさんたちも、普段はすごい和やかだけど、シージ配信の時はちょっとピリっとしてますもんねwww

「おついちさん、下。その階にはいないよ。」

みたいなww

 

それに、もうここから先の戦いにはもうひと工夫、ふた工夫が絶対に必要です。

ランクマをやって痛感した。

ここから先は、ただ何も考えずに普通に遊んでいても、これ以上まったく強くなれない気がした。

 

①違うチームを作る

これ、なにげに一つの、大きな前向きな方法だと思います。

板東さんをあと4人集めたらええねんwwwwww

 

ほら、最強wwwwwww

これで好きなだけダイアでもプロリーグでも目指したったらええやんwwwwwwwwwwwww

 

 

「ボクは上から落とし戸開けてくるわ」

「ほんっまにもー、キミはそればっかりやな!」

「いやー、ほんならボクはキミの後ろついていくわ」

「ほんならボクはゆでたまごやね」

「ゆでたまごは関係ないやろ」

ボイチャが死ぬほどうるせぇwwwwwwwwwwwwwwww

でもね、違うの。

今のみんなで勝ちたいの。

 

②仲間に相談する

文化祭の実行委員がなぜ失敗するかというと、全部自分で抱え込んでしまうからです。

そして、どうしてみんなやってくれないの!!!

こんなに私が頑張っているのに!!!

 

みたいになって、最終的に破綻してしまう。

なので僕は、とりあえず同じ板東英二タイプと思われる平成のハリーポッターこと、我が腹心ノベス君に相談してみることにしました。

 

なんで僕が急にノベス君に相談しようかなーと思ったかと言うと。

 

アタッチメント(銃に取り付けるスコープ)は結局どれがいいかという話をしていてで、まぁ普通はACOGホロサイトだと思うんですが。

「反動が強い銃はリフレックスという選択もアリだと思うよ、視野も広くなるし、よかったら試してみて」

っていう話をしていたら、

「僕は撃ち合いで勝ちまくるたびにACOGの偉大さを感じている」

みたいなことをノベス君が急に言ったんですよねw

 

なんという会話泥棒wwwww

みんなのためにリフレックスの話をしているのに、なんで急におまえのACOG武勇伝の話になるねんwwww

 

 

天狗かぁ!?

周りよりちょっとだけ上手いからって、

たかだかカジュアルで数キルできたぐらいで天狗になっとんのか!!

 

 

ランクマで上のレベルの戦いを見てきたのに、こんなド底辺で満足してるのか?!

おまえは板東やろ!!

 

 

と、そこまで考えて、ふと思った。

ニードフォースピード・ペイバックからの松研読者さんならご存じでしょう。

あのノベスが。

ノベスくん(イメージ画像)

こんな天使のようなノベスくんが。

何も考え無しにこんなことを言うはずがない!

で、直接聞いてみた。

 

やっぱりなんか考えてたーwwwwwww

こいつも板東英二やったwwwwwwwwwwwwwww

 

 

で、今の僕らがこの先勝つためにはどうすればいいかを相談してみた。

 

 

 

マップの残り頑張って作ります!!!

ちょっと今微妙に仕事が忙しくてストップしてたけど!!

 

 

見ろ!!!

穴が開くほど見るんや!!!!

 

 

よーし、ノベスに相談して色々見えてきた!!!

 

③松研に書く

そうやん!!

僕にはこれがあるやんwwwww

 

プレイする時に「もっとこうした方が・・・」とか口うるさく言ったりするより、あるいは言うのを我慢するより、

松研で考えをまとめて書いた方が100倍わかりやすいし、なんか前向きやん!!

 

 

というわけで、僕が考える我々が今目指すべき立ち回りを列挙していきたいと思います!!!

 

身内向けの考察なので、他の方からすればなんのこっちゃかもしれませんがw、

初心者向け記事ということで、よかったら見て行ってくださいw

今の僕らが目指すべき立ち回り

 

①とにかく生き残ることを考えた立ち回り!!!!!!!

何人キルしたかより、こっちのほうが100倍大事!

 

(1人で3人キルできたし、僕の仕事おわったおわった。後はみんなよろしくー!)←ちょっと前までの僕

みたいな発想になりがち。

 

でも、結局いいとこまでいって最後に決めきれないのは、

最後まで生き残っている人が圧倒的に少ないから

だと思います。

特に爆弾処理の攻撃などは、ディフューザーの設置、防衛という二段階を踏まなくてはいけないため、防衛側より絶対に死ねない。

早くに5VS4という形を作った方が勝率は高いし、自分が無理して倒さなくても、誰かが倒せばいい。

一見当たり前のことを言っているようだけど、当たり前じゃない!

なぜなら、このゲームは他のゲームと違って生き返らない(リスポーンしない)から。

だからこそ、まずは死なないことが一番重要!!

 

 

②無用な撃ち合いを避ける

なぜかというと、我々の死亡理由第一位だから。

 

覗き込まなくてもいいところで覗き込む。

撃ち合わなくていい状況で撃ち合いをする。

不利な場所でずっと待ち続ける。

 

もちろん、もしかしたら上手く狙えば勝てるかもしれない。
でも、勝てないかもしれない。

だったら、敵の場所を正確に伝えて、他の人に後ろに回ってもらった方が確実かもしれない。

 

相手の進路にC4おいて、

 

それを壊そうと盾を下ろしたところをミラ窓でヘッドショットラインを定めておいて、

 

決め打ち!!!

 

みたいな状況でなければ、相手にこちらの場所がバレている状態で顔を出して撃ち合いするのはいい手とは言えない。

(でもこれ、ついついやっちゃうので自分にも言い聞かせています)

 

 

③敵の出現位置をすぐに共有する

これ、超大事!!!!

共有が早ければ早いほど、他の味方が対応しやすくなる。

 

「敵が来たよ!!!!」

「どこ!?」

「あっちの階段!!」

「どっちの階段だよwwwwwwwwwwww」

っていうのがすごく多いwwww

 

せめて十字キーの←で黄色いマーカーをつけるクセを付けよう!!

 

あと、

「死んだー!!」

「え、どこで死んだの?」

「あっち」

「あっちってどっちだよ凸(゚Д゚#)」

っていう状況はもっと多いwwwww

 

と、ノベス先生もおっしゃっていますwwww

でもすいません、僕まだ部屋名おぼえきれてませんwwwwww

これが完璧にできると、(;´Д`)スバラスィ …ハァハァ

 

 

④無駄な場所で芋らない、うろつかない

たとえばミラ窓をつけて、穴を開けて誰かがポジションにもついているのに。

その前の部屋でしゃがんで構えている意味ってないですよね。

むしろ動く遮蔽物が1つ増えるようなもので、ただの邪魔になってしまう。

 

同じように、後半になって敵の人数が減って、しかも足音や物音、カメラなどで場所がかなり把握できているのに、敵が侵攻してくる可能性の極めて薄い場所で守っていたりする。

残り2人になって、相手が1人で、味方はどこにいるのかなーって見てみると、全然違う階の全然遠いところでウロウロしていたりするw

 

 

 

その1人が裏取りするだけで勝てる試合が、勝てなかったりするのは、実にもったいない!!!

全体を見て、自分がその位置にいるのが本当に最適なのか、ちゃんと考えよう!!

 

 

⑤物音をちゃんと聞き分け切れていない

Far Cryなんかと違って、シージの定位はかなりハッキリしています。

 

あまりに定位がいい加減すぎてついにヘッドフォンを外して遊ぶようになったFar Cry5。でもむちゃくちゃ面白いですよw

上か下かはわからないけれど、

左右はかなりハッキリと聞き分けられる。

 

にもかかわらず、左から来ているのに右を向いていたり、右から来ているのに左を向いていたりする!!

 

上等なヘッドフォンじゃなくても、1000円のイヤホンでもこれはわかる(試してみた)から、

ヘッドフォンを付けているのだとしたら、これは単純に練習不足!!

左右の聞き分けができるようになるまでテロハントをソロでやりまくれ!!!!

 

⑥テロハントクラシックを民家でやってエイムを鍛えよう!

マウスと違って、PS4はコントローラーなので、独自のエイム力が必要になります。

他のゲームほどエイム力が左右するゲームではないとはいえ、最低限のエイム力は絶対に必要。

また、エイム力と同じぐらい重要なのが、さっと周りを見渡せる能力。

 

そして、そのどちらも1人でじっくり、確実に鍛えることができるのがソロのテロハントクラシック。
とりわけ、索敵の手間のない民家がオススメです。

また、⑤でも書きましたが、音の聞き分けもテロハントで身に付きます!!

クリアランスレベルが50ぐらいの時のやつなので、ちょっと見せるのは恥ずかしいんですが、

僕はこういう練習を仕事が休みの日は最低3時間、仕事の日は早朝に1時間やって、エイム力を鍛えていました。

そこまでやったら板東さんになっちゃうからww、1日2、3回でもいいからやってみてください!!

 

⑦なるべく挟み撃ちの状態に持っていく

僕が負けるパターンはだいたいハッキリしています。

ピークアドバンテージのような条件は別にして、相手が接敵してからヘッドショットするまでに0.8秒以上かかる程度のエイム力の場合は、1対1ではそうそう撃ち負けないと思っています。

それではどこで一番死んでいるかというと、一方向を見ている時に、もう一方から撃たれることです。

つまり、双方向から攻められるのがこのゲームでは一番キツい。

なので、攻める際は間違いなく同時に攻めた方がいい。

 

でもウチのチームは、せっかくテルミットやヒバナが強化壁を壊して射線を増やしたりしていても、他の人が全然合流できていなかったり。

あと多いのが、同じ場所から狙撃しようとして前や後ろに固まっていたりする。

 

 

★     ☆

 

っていう二つの窓があったとして、

 

★☆の両方から狙われていたらすごく嫌だけど、

 



〇:オペレーター

こんな風に、同じポイントで固まって狙われていてもそんなに怖くない。

テルミットやヒバナが相手から嫌がられるのは、通れるようになるからではなく、こういう場所がどんどん増えちゃうからです。

だから、みんなが生き残っていることはすごく大事だし、あまり分散しすぎないこともすごく大事だし、でもこうやって射線は拡散したほうが優位に持っていきやすいと思います。

 

⑧攻める場所以外の穴もあけておく

これをされるだけで、かなり嫌だなーと思います。

例えば天井に穴を開けられれば、来なくてもそこを見ないわけにはいかない。

敵が嫌がることは自分たちも絶対やったほうがいいです。

開けた穴に固執してやられちゃうパターンが結構多いので、周りを見て、とりあえず開けておいた方がいいでしょう。

 

⑨位置がバレたらさっさと移動

さっきのLINEでノベス君が言っていたやつですね。

うまい人は、むやみに攻め込まず、ドローンでまず安全を確保してから侵入します。

もっとうまい人は、ドローンで敵の場所を把握したら、そのままさっと突入して決め撃ちして倒します。

場所がわかっている相手同士との撃ち合いはすなわち、撃ち負ける可能性のある戦いです。

グレネードやらなにやら撃ち込まれる可能性もありますし、裏取りされる可能性もある。最悪、カヴェイラで尋問される可能性もある。

物音を立ててしまったり、ドローンやカメラ、敵に見られたりして場所がバレてしまったら、長居する必要はありません。

速やかにその場を去りましょう。

⑩至近距離で構えすぎ

曲がり角や扉に入ってすぐなど、敵が間近くで現れるような場所で待ち伏せしているのをよく見かけます。

そういう状態だと、こちらのほうが待ち伏せしていたはずなのに、敵がすぐに撃ち返してきて撃ち負ける可能性もあります。

なるべく遠くの位置から、こちらが有利な状態で待ち伏せしましょう。

相手が侵入すればほんの数ミリはみ出て見えるぐらいの状態にして、頭の位置に照準を合わせるのが理想です。

 

 

以上、どうでしょう!!

ここまでだけでも、意識してやってみませんか!

 

「たのむわ、みんな~!!」

「ワシ、勝ちたいんやぁ!!」

 

 

けっこう本気で悩んでいた

「FPSをやっていると、どんどん性格が悪くなる」

 

これ、ゲーマーの間でものすごくよく言われている言葉ですよね。

これ、すっげぇぇぇぇわかるんですよねwwww

 

だって勝ちたいもんwww

相手がされたら嫌なことを徹底して考えて、どうすれば勝てるかだけを常に考えて。

別に勝っても服とかが買える名声ポイントが多く貰えるぐらいで、ただ何度も同じ殺し合いの繰り返し。

勝つときの気持ちよさは、脳汁ぶちまけそうなほど気持ちいい。

 

 

世間には、ええ年こいてゲームにマジになるって恥ずかしいって思う人もいるだろう。

でも、僕は「遊びにマジにならないで何にマジになるんだ」と本気で思っている。

 

 

だからこう、シージでも、もっとこう、必死というかマジになってワンランク上を目指したい!!

正直、一か月の修行の成果の動画を公開したのも、ちょっと恥ずかしかった。

本当はもっともっと、もーっとうまくなりたい!!!

 

 

でもね!!

ぼくはこれ以上性格悪くなりたくないwwwww

これ以上性格悪くなって、だいじな友達なくしたくないのwwwwwwww

 

 

うーん

 

うーーーーん

 

ボクはどないしたらいいんや!!

 

 

色々悩んで、僕はニードフォースピードペイバックのカーミーティングに参加してくれた、松研の読者さんでFPSプレイヤー、シージもやっているゲーマー女子、sakuyatoさんに相談したんですよね。

自称、コミュ障のぼっちプレイヤー、sakuyatoさん。でもゲームに対する情熱はとてもアツく、いきなりオッサン共の集会に飛び込んでくるアクティブさも兼ね備えたお方。シージご一緒して楽しかったです。

そうしたら、

「すごくわかります」

「まつおさんは優しいです」

と。

sakuyatoさんは熱くなりすぎて悪態を付きまくって失敗してしまったことがある、とw

まつおさんはマップの情報配布したりしている。

わたしは真剣にやりすぎて、「相手にマップ全部覚えてから来いよと無理なこと言ったりしてしまった」とwww

 

「自己管理できないのでシージやめようと思います」

「昨日もFPSで悪態つきまくっててやらかしたので復帰はないと思いますww」

 

 

すげぇwwwwwwww

 

 

ここにも板東さんがおったwwwwwwwwwwwwwww

 

sakuyatoさん、FPSやめないでくださいwwww
この世界には貴女のようなゲーマーが必要なんですwwwwwww

 

 

たぶん、僕はこれからもこういうことで悩むんだろうな。

 

 

ゲームにマジになるってことは、そういうことだから。

周りの温度感に無理に合わせても、うまくいかない。
かといって、無理に引っ張っても、ロープはちぎれてしまう。

 

じゃあ、どうすればいいのか。

偉大な先輩がやったように、絞り出すようにこう言おう。

 

勝ちたいんやぁ!!!!!!

ワシ、勝ちたいんやぁ!!!!!!!!!!

 

 

それでは、また!!!

関連記事

  1. 第三回 春のまつお祭り開催!!【ドラクエ10おもしろいですよ日記】

  2. スーパーマツオテクニック【シャドウ・オブ・ウォー日記⑤】

  3. 【まつお軍】ついに攻城戦やりました【シャドウ・オブ・ウォー日記③】

  4. 松研読者さんが続々集結!!「第一回松研カーミーティング」開催!!【Need for Speed Pa…

  5. まつおさんの初心者から始めるレインボーシックスシージ【レインボーシックスシージ日記①】

  6. 松研流! ニード・フォー・スピード ペイバックを200%楽しむ方法!【Need for Speed …

  7. えっ、PS4持っているのに、まだブラッドボーンをダウンロードしてないの?!

  8. 前作トロコンまでやり込んだプレイヤー視点での、「Need for Speed Payback」【Ne…

  9. 2017年に発売されたゲームを振り返る【前編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. こんなん、おもろいに決まってるやんwww【ゴッド・オブ・ウォー日記①】
  2. 第三回 春のまつお祭り開催!!【ドラクエ10おもしろいですよ日記】
  3. 普通ですか? 普通です。面白いですか? むちゃくちゃ面白いです!【Far Cry…
  4. 勝ちたいんや!!【レインボーシックス日記その③】
  5. 松研流!! 初心者がレインボーシックスシージを500%楽しむ方法【レインボーシッ…

特集記事

PAGE TOP